kanayの海外旅・たび・タビ

ウズベキスタン旅行記 目的地別インデックス

ウズベキスタンについては複数の都市へ旅していますので、それぞれの目次を作りました♪...

ウズベキスタン旅行記(1)ビザ

今回は中央アジアの国、ウズベキスタンへ一人旅したときのことを。シルクロード踏破はkanayもやっぱり夢だったりするのですが、なかなか時間が取れそうに無いので、とりあえず憧れのサマルカンドと、町まるごと世界遺産のヒヴァを見に行こう!と思ったのがきっかけです♪うーん、kanay一人旅だっただけあって、ローカルどっぷり気味になってしまいましたが、ウズベキスタンの人たちは、とっても素朴で親切な人たち。お世話になった...

ウズベキスタン旅行記(2)旅のルート&航空券

◆ルート&航空券2012年現在、日本からウズベキスタンへの直行便は、ウズベキスタン国営航空しかないようです。ちなみにこのエアー"も"、独自マイレージプログラムのみ;;(も、と言うのは、kanayが使うエアーはこのパターンがやたら多いから・・・JAL,ANAマイレージが全然溜まりません;;)経由便でOKであれば、選択の幅はかなり広がりそうですね~...

ウズベキスタン旅行記(3)成田からタシケントへ

出発は4月4日。卒業旅行シーズンも終わって、こんな新学期&入社時期に旅行する人など多いはずも無く・・・ウズベキスタン航空HY528便はガラ空きなのでした。えー・・・、kanayはこの時ちょうど転職しまして、時間があったわけです;;社会人が旅時間を作るのにいいんですよね~転職ってwフフフw...

ウズベキスタン旅行記(4)持っていくもの

↑ウズベキスタンで出会った一家と。すみません、「持っていくもの」の記事を書きそびれていました~;;ウズベキスタンはとにかく夏は暑くて冬は寒いという、旅には過酷な気候です。kanayは有給消化の時期ってことでたまたま4月だったんですが、上記の理由から、旅行は春と秋が一番いいそうです。...

ウズベキスタン旅行記(5)まるごと世界遺産の街ヒヴァへ

↑ヒヴァのイチャン=カラ入り口。城塞都市なのです。ウズベキスタンへ、もしツアー旅行で行くなら、首都タシケント&超有名なレギスタン広場のあるサマルカンド、それからブハラという街が日程に組み込まれていることが多いと思います。でもkanayはブハラでなくもう少し小さなヒヴァと言う町に滞在することにしました。町全体が世界遺産で、しかもそこで今も人々が生活しているってことにすっごくロマンを感じてしまって!...

ウズベキスタン旅行記(6)まるごと世界遺産の街ヒヴァへ 2

↑ヒヴァの観光に付き合ってくれたMedi(左)ウルゲンチ空港からヒヴァに向かうバスの中で、またまた英語で話しかけられました。Mediというトルコ人の女の子で、やっぱりガイドになりたくて英語を勉強してるとのこと。日本語ももちろん勉強したいと言ってました。ヒヴァまではトロリーバスで1時間半(!)ほどかかってしまうので、そんなわけで暇を持て余したkanayは急遽日本語教室を開講することに・・・w...

ウズベキスタン旅行記(7)ヒヴァで○ルルン滞在記 1

↑ヒヴァの工房。世界遺産の町ヒヴァは、小さいです。観光に必要な時間は半日ほどで十分、とガイドブックには書かれていると思います。早足なら、町を一周するのに2時間はかからないと思います。しかしkanayはフライトの関係上、2日間をここで過ごすことになってました。気ままな一人旅だし、のんびりするか~って思っていたのですが・・・結果的に、ある意味この旅で一番のハイライトになっちゃったかも知れませんw...

ウズベキスタン旅行記(8)ヒヴァで○ルルン滞在記 2

↑お呼ばれしたナン。乗り合いタクシーで乗り合わせた女の子の家に、いきなりお邪魔することになってしまったkanay。経緯はこちらで・・・タクシーに乗っている間に、MediとMarifatの間で勝手に決められていたらしいのですが、ウズベキスタンでは、初対面の人を自宅に招いてもてなすことは良くあることなんだそうです。日本ではまず考えられないですねぇ。...

ウズベキスタン旅行記(9)ヒヴァで○ルルン滞在記3

↑ヒヴァの壁沿いに、こういう形の石がたくさん切り出されていました。聞くと、作りかけで残った壁石なんだそうです。ヒヴァで観光するはずが、気がつけば初対面の人の家族と一緒に晩御飯を作っていたkanay・・・ようやく作り終えて現地時間の夜9時。ウズベキスタンは日本との時差が-4時間。まだちょっと時差ぼけが抜けていないkanayにとってはそろそろきつくなってくる時間帯ですが・・・これからが本番でしたw...

ウズベキスタン旅行記(10)ヒヴァ観光

↑ヒヴァで出会った結婚式。踊って歌って楽しそう♪時差ぼけのせいで朝6時に起床といわれても、日本では朝10時なわけで、そんなに苦ではありません。でも、夜は辛かった;;なので昨夜1時ごろにホテルへ帰り着き、死んだように寝たkanayはやっぱり朝7時には起きてしまったのでした。今日は訳あって、お昼から2回目のヒヴァ観光です・・・w(経緯はこちら)...

ウズベキスタン旅行記(11)ヒヴァ観光 2

↑パフラヴァン廟。別途入場料がかかります。内側は見事な総タイル貼り!左にいるおじいさんは祈祷師?もしくは占い師のようでした。...