スマートフォンHTC DESIREの海外使用

HTC EVOのWiMaxに興味がある今日このごろの、ねこです。

ソフトバンクのHTC DESIREを使っていますが、
意外と不安だったのが海外でのスマートフォン使用。
あまり電話の料金体系に詳しくない上に、
いわゆる「パケ死」というものをよく聞くため、
ネットで調べたものの確証を得られず……

今回は方針として、
「通話は非常時以外に使わない」(高いし)、「ネットはしたい」ということに。


とりあえずソフトバンクのページで調べると、
「海外パケットし放題」というものが。
一日1480円でネット接続が可能。ちょっと高め。
しかし、定額対応事業者の中に……カンボジアがない……

カンボジアはこれまでに行ったアジアと比較して、
まだまだ発展途上という印象。
(インドネシアやマレーシアなどと比較して)

……ということでもうWifiオンリーの運用を決意。
実はカンボジアのホテルやレストラン、
トランジットのシンガポール空港など、
けっこうWifi整備されている場合が多い(要確認)。
だから大丈夫かなと。

DESIREは設定の「モバイルネットワーク」をオフ。
何かの拍子で繋がってしまったら料金がこわいので、
一応、iPod touch(Wifiのみ)も持参し出発。
充電はどっちもUSBがあるので、
ノートPCから充電ができますが、
↓も念のため装備。

細いので非常用の電源としては持ち運びに便利。DESIREは40-50%くらい充電可能。



機内では設定の中の「機内モード」をオンしておけばOK。

そんなこんなでカンボジアでスマートフォンを使用。
DESIREは最初、Wifiオンリーになってるかどうか不安だったため、
電話機能のないiPod touchメインに使用。
(2日目にマイソフトバンクで料金を確認したら平気だった)

結局、この旅でiPod touchの中毒に。
まず、薄くて軽いのが持ち運びに便利。
最初から入っているカメラ機能も連射がきいて、
トゥクトゥクから牛や象(アンコール遺跡の近くにいる)を撮影するのに向いている。
(Androidなら「Vignette」でオートセーブONならそこそこ速いかも?)


そんな感じでした。
次に海外行くときは電話も気軽に使える時代になっているとよいが……
(いまのところ世界対応ケータイでは1分100円~かかったり……)