ウズベキスタン旅行記(1)ビザ

ウズベキスタン
今回は中央アジアの国、ウズベキスタンへ一人旅したときのことを。
シルクロード踏破はkanayもやっぱり夢だったりするのですが、なかなか時間が取れそうに無いので、とりあえず憧れのサマルカンドと、町まるごと世界遺産のヒヴァを見に行こう!と思ったのがきっかけです♪

うーん、kanay一人旅だっただけあって、ローカルどっぷり気味になってしまいましたが、ウズベキスタンの人たちは、とっても素朴で親切な人たち。お世話になった人たちとは、帰国後もメールや書籍のやり取りもしました。
旅行期間:2008年4月4日~10日


◆ウズベキスタンの旅行事情&ビザ

ウズベキスタンはあまり行く人が多くなく、また旧共産圏の国でしたので、
旅行するにも少し勝手が違ったりしました。
いつものようにルートや航空券について書く前に、まずはその説明を。

まず、現地は英語もあまり通じませんでした。
個人旅行を計画してる方は、ロシア語もしくはウズベク語の辞書や会話集を持っていくことをオススメします。
道にあるサインもまるで読めません;;

しかし軽い気持ちで英語で突入しちゃったkanayは・・・
なぜか英語or日本語の分かる親切なウズベキスタン人に出会えてラッキー♪だっただけです・・・
でも、現地語が使えるとぼられることもないので、現地の人たちに頑張ってロシア語を教えてもらい、最終日にはロシア語でタクシー捕まえました♪

でも、親切な人が多いので、言葉が分からなくても、困っていれば現地の言葉で話しかけてきてくれました。
身振り手振りもありでしょう。

それから、旧ソ連の影響が強い国なので、町では警官(役人)がとっても威張っています。
目をつけられると賄賂を請求されたり面倒みたいなので、kanayは彼らがいるところでは現地の人の振りをして(地図を広げたりきょろきょろしたりしない)やり過ごしてました。

それから、ホテルで貰うレギストラレーチア、という紙片は、帰国まで絶対に無くさないでください。
貰えなかったら請求してでもゲットしましょう~
旅行者の国内移動をこれでチェックしてるので、無いと空港で足止めの可能性もあります。

分かってたのに、諸事情あってなくしちゃった(!)kanayからの切なるアドバイスであります・・・
なくしちゃったkanayがどうなったかは、記事でまた改めて・・・;;

観光ビザは必要なので、出発前に取ってください。
ウズベキスタン大使館は東京にあるので、遠方の場合は郵送でも受け付けてくれますよ。

kanayは都内在住なので、取りに行きました。
目黒の閑静な住宅街の中にありますが、大きめとは言え普通の民家っぽいので目立たないのと、道は結構分かりにくいので、googlemapなどで予習しといた方がいいです。

申請してから10日ほど発行にかかるので、お早めに~。

・ウズベキスタン(首都タシケント行)航空券リスト


ウズベキスタン
↑現地でのある一日の朝ごはん。
お茶にはこだわりのある国で、美味しかったです。パンも独特の美味しさ♪


にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村


海外格安航空券ena 【イーナドットトラベル】