ウズベキスタン旅行記(3)成田からタシケントへ

xiva
出発は4月4日。
卒業旅行シーズンも終わって、こんな新学期&入社時期に旅行する人など多いはずも無く・・・
ウズベキスタン航空HY528便はガラ空きなのでした。

えー・・・、kanayはこの時ちょうど転職しまして、時間があったわけです;;
社会人が旅時間を作るのにいいんですよね~転職ってwフフフw
9時間ほどかかるフライトにも関わらず、機内はパーソナルモニターもない有様でしたが、
空いてたお陰で、バッグを横に置いたり人間が横になれたりとやり放題でした♪

空港から町へは、自力移動を面倒くさかったので、ピックアップを頼みました。
夕方着で、言葉がほとんど通じないと言うのも不安でしたし・・・
でも、車で30分ほどでしたが、片道10$もしました・・・orz
日本のタクシーならいざ知らず、ここだとタクシーでも2~3$で済むそうです。
次行くなら、現地語でのやり取りをプリントアウトか何かして交渉しよう・・・

看板
道路案内や看板は、想像力を働かせてみても、全然読めない・・・

一日目のホテルはROVSHAN HOTEL
ホテルの部屋このホテルはタシケントの街中からはちょっと外れていますが、kanayは翌早朝にヒヴァへ向かう予定だったので、空港から近いこのホテルに決めました。
ややホテル代をケチった(3000円ほど)こともあり、中は日本の寂れたビジネスホテルみたいでした。
トランジットホテル扱いだから、ま、いっか。
冷暖房、(虫のいない)ベッド、テレビ、シャワー、トイレはありました。
ホテルの人に英語は通じます。

ウズベキスタンは物価は総じて安い(1.5Lミネラルウォーターが30円ほど)のですが、相対的に考えると、ホテル代だけはすっごく高かったです;;

夕食はホテルのレストランで。
ここも昭和の社員食堂並みに殺風景で・・・
だーれもいませんでしたw


Rovshan hotel
特にローカルなメニューも見当たらなかったので(がっかり)、ミートパイとナンなどを注文。
パイは見てくれも春巻きみたいで妙ですが、皮が甘くて、中のミートは肉そぼろみたいな味ww

「ウズベキスタンの食事・・・どうしよう?」
とこの時は先々のことが不安になりましたが・・・美味しいものには後日いっぱい出会えましたよ♪





にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村


海外格安航空券ena 【イーナドットトラベル】