ウズベキスタン旅行記(12)いざ、サマルカンドへ!

ヒヴァ
↑ヒヴァ西門外の像に登って遊ぶ子供たち。

今日はヒヴァからサマルカンドへの移動の日です。
ゆったり滞在するはずだったヒヴァでまさかの全力疾走(精神的に)してしまったkanay・・・
この日も朝のフライトに間に合うため、7:30にはホテルをチェックアウトしなくてはいけませんでした;;
身体の方も、薄着しか持ってきていなかったせいでこの頃から実はずっと風邪薬を飲みながら旅していました。
現地ではもう半袖で過ごしている人もいたのですが、マネはできませんでしたね・・・

ヒヴァ
早朝のヒヴァ。昼間はあんなにたくさんの人が歩いているのに、誰もいません。
朝日も綺麗で、お気に入りの一枚です♪

しかし。
これまた、門の外にも誰もいない!
タクシーも日中はかなりたくさん停まっているのですが・・・
朝8時前ならいるだろうと思っていたのですが、誤算だったようです。
マズイ・・・と思っていたら、後ろから来た車が「タクシー?」と声をかけてきてくれました!
ものすごくホッとしたのですが、この運ちゃんも英語不可!!
ガイドブックに載っていた簡単な会話集を駆使して必死に会話。
何とか2ドルでウルゲンチ空港まで乗せて行ってもらえることになりました。
(ちなみに行きは空港から車で数分のバスターミナルまで同じ金額を取られてましたw)

でも空港に行くまでにどんどん他のお客さん(道端で待ってる)も載ってきてタクシーは満員に。
うーん、乗り合いだと料金はこのレートなのかもしれません。

そんなこんなで無事にフライトには間に合ったのですが、
サマルカンドへは首都のタシケント空港経由になっていました。
そしてタシケントでのトランジット時間が4時間も・・・。

この日は移動で一日終わってしまいました。

他の空港のようにショッピングやエンタメを楽しめるような施設もタシケント空港には無いので
、空港内カフェで昼食をとり、両替を済ませ、リコンファームした後は超ヒマでした。
ちょっと体調も悪かったkanayはだらだらとDSでゲームやってました;;
セキュリティでDSが引っかかったのですが、kanayがゲームですと言って起動すると、
空港スタッフが「ワオ!」と感心してくれましたw

サマルカンド空港へのフライトも1時間くらい。
あ、kanayは今回使わなかったのですが、5~6時間でタシケントとサマルカンドを結ぶ急行列車もあります。
確か早朝と夜行2本なので、日程上kanayには無理だったのですが、ご参考まで。

サマルカンド空港は、出口でタクシーの客引きがたくさん待ち構えています。
kanayは少し歩いてバスターミナルを目指そうと思っていたのですが、とても振り切れず・・・
風邪気味のこともあり、タクシーを使うことにしました。街まで20分ほどかかります。

サマルカンド
サマルカンドで滞在した「Hotel Zarina」はMediの友人で日本語が話せるラヒム君という人が
そこで働いているというので紹介してもらったプチホテルです。
レギスタン広場まで徒歩2分くらい。観光にはとてもよい場所にありましたのでその意味ではオススメ。(googlemap)
朝食つきで一泊40ドル。フランス人経営でお洒落ではありましたが、設備は最低限。
サマルカンドには日本のツアー客が泊まれそうな大規模な高級ホテル(120ドル~)も2~3軒ありましたよ。

サマルカンド
↑ホテルの中庭。

サマルカンドは近代的なビルや車の向こうに世界遺産が見えている不思議な町です。
サマルカンド

サマルカンド

たいていの観光スポットには徒歩でいけるので、これも個人旅行には嬉しかったです。
いよいよ明日からサマルカンド観光!


にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村


海外格安航空券ena 【イーナドットトラベル】