ウズベキスタン旅行記(21)ポイタフトホテル POYTAHT Hotel

ティムール広場
↑タシケントの中心、ティムール広場。緑が多い綺麗な公園で、皆さん散歩や休憩されてました。
大道芸や屋台も出ています。

タシケントでkanayが宿泊したホテルが、ポイタフトホテル(POYTAHT Hotel)です。
公式サイトがないようなので、googlemapで位置だけお知らせしておきますね。
ここにした理由は、ティムール広場に面していて、観光に便利かなと思ったのと、お値段が手頃だったこと、
タクシー乗り場やバスターミナルも近かったことです。
ポイタフト
手頃なお値段とはいえ、一泊50ドル。これはkanayのウズベキスタン旅行中の最高額ですw
しかし、部屋はコンパクトですが日本で言うと古ーい高級ホテルくらいのレベルで、kanayがこれまで泊まってきたホテル(っていうかペンション?)たちとは大違いの豪華さ♪

kanayは旅の最後は疲れもあるので、相対的に良いホテルに泊まって締めるのですが、
この時は特に体調もあまり良くなかったし、前回の記事にあったように精神的な疲れもかなりあったので(w)、
ほんとうに助かりました;;
バスタブが嬉しかったです;;

両替可能ですし、1Fに和食レストラン(kanayは入らなかったので味は未確認)、朝食ビュッフェの品数と味もまずまずで、ひと通りのホテルサービスは揃っていました。
日本人ツアー客の滞在にも良さそうに思えました。まあ、アメニティはなかったですけどね。
フロントの方が英語OKなのもkanayの旅では初で、これもほっとしました。

ホテルと道路を挟んで時計台があるのですが、時計台を超えたところに、地元の人向けの食堂が何軒かと
バスターミナル、タクシープールがあって、交通には便利です。
ティムール広場前食堂
kanayはそこの食堂でランチを食べました。セルフサービスで安いです。
言葉が通じないので、オーダーは、前に並んでる人のやり方を注意深く見てマネしましょうw

またホテルから歩いて3分ほどのところにmirstore という大型スーパーがあったので、これも便利。
kanayは何往復かしてお土産&おやつを調達しました。
mirstore
具体的な場所は覚えていないのですが、フロントの人に聞けば知っていると思います。
グアムあたりのスーパーとそう変わらないシステム&品揃えで、お土産を買うにもいいかも。
mirstore

もう少し歩くと(20分くらい)、お土産ものの品数&クオリティが高い国営の「ツム百貨店」もあります。(googlemapでチェックしたところ、名前がCentral Dept Storeに変わっていたので、そうなのかもしれません)

ここは、旧共産圏のデパートらしく、暗めで人の気配もあまりなく、どうかするとちょっと怖い雰囲気ですが、
品物はちゃんとしているし店員さんもkanayが会った人は親切でした。ばらまき以外のお土産はここで買いました。

ホテル周りの道路は歩道が広いし緑地もふんだんにあるので、
一瞬、高級住宅街かと思ってしまうぐらいゆったりしています。大学も近くにあります。
インフラを整備するお金はそんなにないのか、道路は結構傷んでいましたが。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界遺産へ
にほんブログ村