デンマーク・コペンハーゲン旅行メモ♪(16)Radisson Blu Royal Hotel

RadissonBLURoyal
デンマークはデザイン大国としても有名ですが、なかでも建築家ヤコブセンはkanayですら
聞いたことがあるくらいの有名人・・・。
首都コペンハーゲンには、彼がまるごとデザインしたデザインホテル Radisson BLU Royal Hotel があります!
それでも、価格は他のホテルと比べてとっても高いわけではなく(スタンダードで15000~20000円くらい)、
立地も観光案内所やチボリ公園のすぐ側という良さなので、kanay的にはとてもオススメのホテルです。

大きな地図で見る

あ、建設されてから時間は経っているので、センスはいいのですが古さを感じるところはあるかもしれません・・・。
それでも、水が出にくかったりとかそういう古さとは無縁なのでご安心を♪

トップの画像はkanayたちが泊まったスタンダードルームです。
お部屋はスタンダードの他に、1ランク上のロイヤルルーム、スイートルームがあり、
あとは有名な、ヤコブセンデザインで溢れた「606号室」があります。
このお部屋、とても人気のようで、3ヶ月前にこのホテルの情報をチェックした時には
だいたい埋まっておりました・・・。1室しかないので、当たり前かもですが;;

でも、スタンダードでも彼の代表作スワンチェアは堪能できますし、
RadissonBLURoyal
このホテルはアメニティが日本並に揃っているのも感心しました♪
バスタブもあります。無線LANも無料で使えました。

ただし、部屋の広さは18平方メートルなので、そんなに広くありません・・・。
ツインベッド周りを歩きまわれる広さがある程度でした。
でも、デザインのなせるわざなのか、普段のkanayならプライベートで泊まるには狭い!って
思ってしまう広さもそんなに気にならなかったんですよね~。不思議、不思議。
RadissonBLURoyal

RadissonBLURoyal
ホテルの20階にあるレストラン「Alberto K」。これもヤコブセンデザインです。
ガイドブックによると、有名レストランなので、ホテル外から食べに来る人も多いそう。
RadissonBLURoyal
ミシュランの星獲得の額縁が眩しいですね~。
kanayたちはもちろん覗いてみただけですw
1品が150クローネ(2000円強)からのレストランなので、ちょっと手が出ませんでした;;
あ、でもロイヤルルームに宿泊すれば、朝食はここで取れるそうです。
スタンダードルームに宿泊したkanayたちは、1階にあるカジュアルレストランでのビュッフェでした。
ちなみにビュッフェの内容は、やや品数が足りないかなぁ~。という感じ。
レストランもそんなに広くないので朝8時くらいになると、とっても混んでいました。
早めか遅めの利用をオススメします。

RadissonBLURoyal
ホテルのフロントです。照明も北欧デザインで素敵ですね。
この周りにエッグチェアがいくつか置いてあるので、宿泊しない人でもフロントでこっそり
座ってみることはできると思います♪

これまでにこのホテルに泊まった有名人リストがフロントには飾られていて、
昭和天皇も宿泊されたみたいでした。
有名人も泊まるようなところですから、スタッフのサービスは○。
観光や食事などのオススメもにこやかに教えてくれましたよ。


にほんブログ村 旅行ブログ デンマーク旅行へ
にほんブログ村