デンマーク・コペンハーゲン旅行メモ♪(17)DFDSでプチクルーズを楽しむ

DFDS
kanayはまだ、クルーズを楽しむより地面を移動して(w)いろいろなものが見たい!
という気持ちが強いので、本格的なクルーズツアーは経験したことがないのですが、デンマークでは
お隣の国ノルウェーの首都オスロまで行くのに、1晩という手軽さで移動できる客船に乗りました♪

これなら気持ち的にも経済的にもハードルが低くて楽しめましたね~。
DFDS
DFDSのコペンハーゲンのターミナル。
DFDS Seaways はデンマーク~イギリス、デンマーク~ノルウェーを定期便で結んでいるフェリーです。
上のホームページから、個人でも予約できますよ。

出発場所は、人魚姫の像よりちょっと北のこのあたり。
kanayたちは、ストロイエ通りの先にあるコンゲンス・ニュートー広場から出ている
バス(番号26:Færgehavn Nord行き)を利用しました。15分ほどでついたと思います。
停留所は思いっきりフェリーターミナルなので、見逃すことはまず無いかと。
その手前の駐車スペースに止まったら降りてくださいね。
バスの路線検索でチェックしてみてください。

大きな地図で見る
出港時間は夕方で、翌朝に目的地につきます。
フェリーターミナルについてから、乗船まで建物の中を結構歩くので少なくとも1時間前には着いていたほうが
良いと思います。
あと、kanayたちは「コモドールキャビン」という一つ上のクラスを予約していたせいか、
スーツケースはキャビンに持って入れたのですが、その下のスタンダードキャビンでは、部屋が狭いせいで?
当日分の着替えなどを取り出してスーツケースは預けなければならないようでしたので、
その場合は預け入れの手続きのことも考え、もっと時間に余裕を持たせるとよいと思います。

料金は1部屋(&朝食)単位で、夕食のビュッフェなどは予約時にオプションでつけられるのですが
そこまでやって25000~30000円くらいでした。

DFDS
さて、無事に乗船してキャビンへ向かいます。
DFDSは豪華客船というにはちょっと小さいと思いますが、映画館やレストラン数個やプール、
免税店なども入っているし、コモドールキャビン宿泊の感想にはなってしまいますが、
日本で言うまあまあ良いビジネスホテルに泊まるレベルでは楽しめると思いますよ~。
しかも宿泊代のみでなく移動も含んでこの値段ですから!

DFDS
お部屋。窓からは海が見えて嬉しい。
小さいスパークリングワインのボトル&ウェルカムフルーツが置いてありました。
左、見きれちゃってますがテレビもありました。
DFDS
一体どうなっているんだろう?と乗る前は不思議だったシャワールーム。
さすがにバスタブはないですが、その他は陸地にあるのと何ら変わらず・・・。
あ、トイレのフラッシュは機内のトイレっぽい流れ方でしたね;;

DFDS
朝食券と紙のルームキー。
コモドールクラスに泊まると朝食はスタンダードキャビンのお客さんとは違うレストランで取れました。
DFDS
初めての船旅なので珍しくてたまりませんw
さっそく船内を探検してみました~。
DFDS
デッキ。
DFDS
映画館。有料だったのでkanayたちは素通り・・・。
DFDS
免税店。ただし、ここではユーロもドルも使えず、デンマーククローネしか使えませんでした。
売ってあるものは特にコペンハーゲンと比べて変わらない感じですが、DFDSグッズは乗船記念に
買ってもいいかなと思いました。いつ行っても混んでいたなあ。
DFDS
プールもありましたが、誰も入っていませんでした・・・
DFDS
夕食はビュッフェを予約していたのですが、これがとても美味しかった♪
品数もコペンハーゲンの高級ホテルに負けないほど。
ただ、ちょっと後悔したのが飲み物も込みで予約しておけばよかったなぁと・・・。
やはりこういう場なのでそれなりに飲んでしまうし、都度払いだったので面倒くさかった。

船の揺れですが、それなりの大きさはあるせいか、気がつくとゆっくりと左右に揺れている程度でした。
kanayは酔い止めを飲んでいたので全く問題ありませんでしたが、もしかしたら飲まなくても大丈夫だったかも・・・


にほんブログ村 旅行ブログ デンマーク旅行へ
にほんブログ村