スリランカ旅行記(1)旅の準備

スリランカ
実は出発を数日後に控えてます。このブログで初めてのパターンかも;;
(なのでカバー画像は昔行ったバリの海デス) 行ってきたので本物に差し替えました!
どうやらスリランカはこれまでのkanayの旅の中では、調べることが多かった国になりそうなんです。
準備編で既に記事が数本書けそうな勢いなので、帰国してから楽するためにも(w)、
書いてっちゃいますよ~。
◆スリランカにしたわけ

スリランカはインドの南にぽつんと浮かんでいる小さな島国です。

大きな地図で見る
kanayたちの好きな遺跡とリゾートが両方楽しめるってのが理由としては大きいですね~。
私たちはどっちかというと南部のリゾートがメインで、日程の大半はそこにこもりますが、
シギリヤロック」など有名な遺跡もあるようなので、そこにはぜひ行こうということになりました♪

調べていくと2012年からビザ(30$)が必須になったそうで、ちょいと出遅れてしまったようですね…(涙)

ビーチは「黄金海岸」と呼ばれる南部(ハイシーズン:冬)と、東部(ハイシーズン・春~夏)にあり、
いつ行っても楽しめるようになっているようです。
で、気温はだいたい30度くらいとか。物価はアジア価格。
英語が通じて。
「アーユルヴェーダ」という、観光客にはエステ代わりに楽しめる古代療法あり。
あれもこれもリゾート好きにはポイント高いですよね~!

その他に高地もあって、セイロン紅茶は有名ですし。

あと、これも知らなかったんですが、何と(ジャングル・)サファリがあちこちで楽しめるとのこと。
kanayはケニアで行きまくりましたが、ねこ氏はサファリ未体験なので、これも楽しみにしています。


◆でも、長時間移動になりがちな国

今のkanay的には、飛行機以外で数時間の移動となると「長時間」です・・・(へなちょこ)
でもスリランカは、見どころがあちこちに散らばってしまっていて、移動に数時間は当たり前のよう。
移動に時間を使うのが好きではないkanayたちは、なるべくのんびりルートを設定しましたが、
それでもシギリヤロックがある遺跡地帯から南部のリゾートまで移動する日は、半日間移動となりそうです。

スリランカのツアーを検索してみるとすぐに分かると思いますが、
一週間くらいで主だった遺跡を全部回るものになるともう、移動、移動、移動・・・!
旅行中、一番長く過ごすのが車に乗ってる時間になってしまってます;;
そしてその場合、リゾート地帯はスキップして帰国という流れがほとんどです。

ツアーならチャーター車での観光になりますが、個人旅行だとセスナ、鉄道、バス、タクシー、トゥクトゥクと
交通手段も豊富に選べます。それに上記のようにいろんな見どころがある国みたいなので、
訪問する場所の絞り込みやルートの組立てに、いつもより時間がかかりました。


◆意外!ホテルが…

皆さん、「Geoffrey Bawa ジェフリー・バワ」ってスリランカ人建築家をご存じですか・・・?
kanayは調べ始めるまで全く知りませんでしたが、建築を勉強されている人にはよく知られている名建築家だそうです。
スリランカにはグループ系列だとヒルトン、アマンくらいしか今のところ進出していなさそうですが、
代わりに彼の手がけたホテルや邸宅がたくさん残っていて滞在を楽しめます。

彼の公式サイトで手がけた建築をチェックできるんですが、とにかくモダンで、ミッドセンチュリーっぽさもあって・・・
kanayは最初、きっとこの人はヨーロッパ人に違いないと思っていました。失礼・・・
(ヨーロッパで勉強はしたみたいです)
彼の建築は60年代~90年代のものが多いそうで、施設の新しさについてはもう求められそうにないのですが、
それでも当分はスリランカのホテルレベルのキープを一手に引き受け続けると思います。

他のホテルに比べると、どれも1泊1万円超えは余裕という高さですが、せっかくなのでkanayたちも
とあるホテルに予約を入れましたよ。楽しみです♪



hotels.com


にほんブログ村 旅行ブログ スリランカ旅行へ
にほんブログ村