クアラルンプールのレストラン:Restaurant Oversea (海外天大飯店)☆☆☆

Oversea
Restaurant Oversea はクアラルンプールのショッピングエリア Bukit Bintang(ブキ・ビンタン) と
いうところにあります。
今回のマレーシア経由はここに来るために決めたようなものです♪
前回の訪問時にはデジカメのメモリがなくなっていたせいで全く撮影ができず、
文章だけの記録になってしまい、悔しい思いをしていたのですが、今回でリベンジが果たせました!

時間に押されて、のんびり食事できなかったのが心残りです;;

kanay的オススメ度:☆☆☆
☆     何らかの理由でおすすめしません
☆☆    一度くらいは行ってみてもいいかも
☆☆☆  これはおすすめ!  →これ!

いろいろあって(前回の記事参照)、モノレールでBukit Bintangに到着したのが午後8時前。
空港からここまで1.5時間ほどかかっていたので、午後10時に空港に帰るとすると、8時半には
ここを発たなくてはいけません。

・・・夕食の時間が30分しかないんですけど!
おまけに、前回の訪問では混んでいて30分待ちだったし、料理が来るのも遅めだった気がします。
目の前でUターンというマンガみたいな展開になる予感もしましたが、
諦めたらそこで終わりだよとかいうセリフもどこかのマンガで読んだので、
時間切れまで粘ろうということになりました。

モノレールのBukit Bintang駅からは徒歩10分くらいのところにあります。

大きな地図で見る
ねこ氏とkanayはダッシュで5分!!
辺りはもう暗いです。
店は大通りに面していて、路駐はたくさんありましたが道も綺麗で、そんなに危険は感じません。
混んでいませんようにと祈りながら店内へ。
Oversea
中は正装気味の現地の人たちでいっぱい。店員さんはみんなとても忙しそう。相変わらずですね~。
席は結構埋まっていましたが、何とか待たずに座れました!
上の階もあって、前回は2階に案内された気がします。今回は1階。

メニューをもらって注文して、そわそわしつつ待ちます!
午後8時10分頃にとりあえずタイガービールが到着。そわそわしつつ乾杯♪
タイガービール
前回は土鍋(Craypot)と海老の姿焼きを食べたので、今回はTripadvisorを事前に読んで、
クチコミで人気だったチャーシューを注文してみました。
午後8時15分頃に到着。
Oversea
すごい、黒光りするほど照りの入ったチャーシューがやって来ました。スモールサイズで30RM(1000円弱)。
でも、直径は4センチほどで、かなり細長い形をしてます。
このチャーシュー、食べてみたら、かなり「ザ・テリヤキ」味でした。外人が高評価なわけですね~。
美味しいといえば美味しいのですが、日本で食べるチャーシューとは別物でした。
小皿でついてくるチリ?につけて食べるとkanayにはちょうど良い甘さになりましたが、
二人で完食はしませんでした。

それよりもkanayたちがパクついてしまったのが…
Oversea
チキン&イカの野菜炒め。メニュー名は忘れてしまったのですが、野菜メニューの一番上にあったもの。18RM(600円弱)。
カレー風味のこの味付けが絶妙で…二人で取り合って食べてしまいました;;
Oversea
カニチャーハンも来て……。もちろんパラっと炒められていてGood!
午後8時半を過ぎましたが、先にカードで支払いをさせてもらって早食いし続けました;;
しあわせ~♪
しあわせ~♪♪
チャーハンもねこ氏がとどめを刺して完食。
お会計は二人で食べて飲んで3000円ちょっと出るくらいでした。

ここは、同じくBukit Bintangで有名な屋台街と比べたら確かに高いですが、
シェフによってきちんと作られた中華料理を食べられるレストランなのです。
2回行ってみて、やっぱりおすすめできるレストランだと思いました。

午後8時40分。名残惜しいですが、飛行機に乗れなくなるのは嫌なので、
感傷に浸る間もなくお店を出ます…。
そこからまたダッシュで空港までとんぼ返りしました。
帰りは要領が分かっていたし、モノレールやKL Ekspresがちょうどいいタイミングで来てくれたおかげで
プラットフォームでの待ち時間がほとんどなく戻れました。
搭乗ゲート前についたのは午後10時ごろで、結果オーライ。(フライトは午後11時)

無印
帰りのモノレールの車窓から。
日本から進出した無印良品の看板が見えました。
クアラルンプールの街も、今度はしっかり泊まっていろいろなところを食べ歩きたいな~。


にほんブログ村 旅行ブログ マレーシア旅行へ
にほんブログ村