スリランカ旅行記(9) ダンブーラの黄金寺院

ダンブーラ
ダンブーラ・レストハウスでランチを終えて荷物を預け、テクテクと黄金寺院のゲートまで。
寺院は金色の塔がゲート付近にどどんと建っていて、すでに圧倒されそう!
ダンブーラ
レストハウスから南に歩いて下って行くと、金色のパゴダが見えてきます。ここです。
ダンブーラ
ここはねこ氏のリクエストで行程に加わった遺跡です。
登って行くと、洞窟に掘られた寺院の中に黄金の仏像がたくさんあるとかで、
そう聞くと確かにレア感ありますねぇ。
ダンブーラ
kanayたちは入らなかったのですが、これは博物館みたいです。
夢に出てきそうな建物!!
スリランカのおしゃれさに圧倒されていたkanayですが・・・このセンスは確かにアジアですw

しかしチケットオフィスらしきものが見当たらない……。
近くにいる人に聞いたら、ゲートを入って右手側奥に小道があってその奥でした。
わかりにくーい!
ダンブーラ
小道まできたらやっとこの看板が見えるようになってますw 
そのまま進んでしまうと山頂のチケットチェックで引き返すハメになるのでご注意を…
ダンブーラ
野良猫もぐったりしちゃう昼下がり。

チケットオフィスでは一人1500ルピーの入場料を払いました。
日本円で1000円ちょっとですけど、
ここまでのバス代が120円くらいなことを考えると、非常に割高です。
遺跡で稼ぎまくろうっていうスリランカの根性が垣間見えますね~!
ダンブーラ
階段がちゃんとあるのでこの遺跡はヒールの低いパンプスくらいなら大丈夫だと思います。
山頂までは15分くらいだったでしょうか。

寺院までの階段を攻略開始直後に、噂のお猿さんが登場!
あまり人を怖がっていないようで、たしかにおやつを見せびらかしたりしたら奪われそうですね。
しかも数が多い…ちょっと怖いくらいです。
野良犬もたくさんいますが、こちらはおとなしく見つめてくるだけで餌ねだりもつつましいです。
タイあたりの野良犬はとっても怖いですが、スリランカの犬は目が穏やか。
ダンブーラ
こんなにかわいいヤツも見かけましたがw

途中でお供えの花をややしつこく売られそうになりますが、
絶対に買わなくてはいけないものではありません。
ダンブーラ
この建物を超えると、靴を預ける場所とチケットのチェックゲートがあります。
この寺院は靴NGなので、ここで脱がなくてはならないのです。
現地の人たちはもともと裸足の人たちが多いのでどんどん先に行ってしまいますw

kanayたちは脱いだ靴をリュックにいれて、預けることはしませんでした。
2月上旬の夕方なら、その先も靴下がいるほどの熱さではありませんでしたね。
参拝後も、足の裏もさぞ汚れたかと思っていたら、手で払うくらいで大丈夫でした。

寺院は6つの洞窟部屋に別れていて、一つずつ順番に拝観して行きます。
が・・・。
ダンブーラ
狭い部屋が多く、その中に人が殺到して写真をとっているので、
部屋によっては入るのもためらわれるほどの混雑。
すれ違うのもやっとなんて・・・!

ガイドブックで紹介されている、足の裏が赤くて有名な↑の仏像の周りは特にひどくて、
じっくり見る間もなく写真を撮るだけで精一杯でした。
みんな近頃はでっかい一眼レフを持ち歩いてますしねぇ。

なので、全ての寺院をじっくり見たい方は全部で2時間くらい時間を取っておくといいと思います。
で、辛抱強く前の人がどいてくれるのを待ちましょう…。

kanayはどっちかというと仏像そのものよりも天井や壁に描かれた絵が印象にのこりましたよ。
ダンブーラ
どれくらい時間をかけて描かれたのか…圧倒されます。
ダンブーラ
もちろん仏像もたくさん。色はかなり派手目です。
kanayたちの場合は仏像の撮影にこだわらなかったこともあり、
1時間くらいで全部見終わることができました。

寺院は山の上にあるので、見晴らしも良くて気持ちがいいです!
ここでしばらくのんびりして降りてくるのもオススメです♪
ダンブーラ


にほんブログ村 旅行ブログ スリランカ旅行へ
にほんブログ村