バンコク旅行記(14)JIM THOMPSON FACTORY (ジムトンプソン ファクトリー) ☆☆

JIM THOMPSON
タイ土産の定番の一つ、JIM THOMPSON(ジムトンプソン)のシルク製品♪
とっても上質なシルクで、大きなショッピングモールやデパートにはほぼ必ず店舗が入っています。
でもお値段を見てビックリ。一瞬、日本のデパートにいるの?って錯覚してしまうくらいw
そんなときは「JIM THOMPSON FACTORY(アウトレット)」に行ってみましょう!
kanay的オススメ度:☆☆
☆     何らかの理由でおすすめしません
☆☆    一度くらいは行ってみてもいいかも
☆☆☆  これはおすすめ!

ちなみにJIM THOMPSON本店はMRTシーロム(Silom)駅最寄りにありますよ。
http://www.jimthompson.com/retail_shops/bangkok.asp

JIM THOMPSON FACTORYは最寄り駅がBTSバンチャック(Bang chak)駅。
5番出口から降りて、「Soi93」の道路標示が見えるまで歩きます。
年中無休なのも嬉しいですね。
JIM THOMPSON
5番出口からSoi93に入るまで5分くらい歩いたと思いますし、入ってからも何のへんてつもない路地を結構歩きます。
不安になっちゃいますが、頑張って歩くことまた5分ほど・・・
JIM THOMPSON
そうすると、植え込みの上にちょこんと乗ったJIM THOMPSON FACTORYの看板が見えてきました。ホッ。
JIM THOMPSON
FACTORYとあるので、工場もかねているっぽいせいか、建物にあまり飾り気はありません。
JIM THOMPSON
1階にひと気がないなぁ~と思っていたら、1-3階は生地コーナーでした。
長さを指定して、生地そのものを買うことができるんです。
パターンや生地別に種類は豊富ですし、生地なので値段も確か1mで150バーツほどからあったと思います。
ジムトンプソンの生地で何か作れるなら素敵です!お裁縫や手芸が得意な方は本当にお勧め!

kanayはそちら方面が全くダメなので、4階へ直行です・・・
JIM THOMPSON
4階に入ると一気に熱気が。外からでは分からないくらい人がいましたw
ハンカチ、スカーフ、財布、ポーチ、バッグ各種、衣類までこちらもかなりの品揃え。

kanayの印象では、ショッピングモールで見かけたものに比べて3割は安かったです。
一番小さいポーチが350バーツくらいだったと思いますので、お土産にもなりそう。
同じ型でも素材や絵柄の新旧で少しずつ値段が違うようです。
アウトレットなので売り切れたらそれでおしまい。それにとにかく絵柄が豊富!
なので皆さん血眼で(w)お気に入りの一品を探しまくってます!
kanayももちろん参戦!気がついたらあっという間に1時間半くらい経ってました・・・

ショルダーバッグ1、トートバッグ×2、エコバッグ×2、ポーチを購入。
各階会計で、もちろんクレカが使えます。
でも、アウトレットなのでVATのリファンド対象ではありません。コレは仕方ないですね。

5階はクッションなどのインテリアアイテム、スイーツの販売と、小さいカフェが併設されています。
買い物に疲れたらここでお茶していくのもいいのではないでしょうか?

ジムトンプソンのスイーツ!?ってkanayは驚いたのですが、
これが結構美味しいんです!

試食もできるようになっているのでぜひ試してみてくださいね♪
ドライフルーツ、クラッカー、チョコ、コーヒーなどがありました。
kanayはトムヤムクン味のライスクラッカーをお土産にしたのですが、美味しいと好評でしたよ。


おまけ。
JIM THOMPSON FACTORYから徒歩でバンチャック駅に戻る際に、屋台街が一つあります。
ここでご飯を食べていくのもお勧めかも。
JIM THOMPSON
kanayはここでマンゴーとマンゴスチンを1キロずつ買って帰ってホテルで冷やし、食べまくりました♪
これもタイ旅行の楽しみですね。
JIM THOMPSON


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村