ベトナム旅行記(4)通貨(ベトナムドン)と両替あれこれ

ATM
kanayが行ったベトナム中部で見かけたのはベトナムドン(VND)とアメリカドルでした。
ベトナムはインフレが進んでいるらしく、ゼロの数がやたら多いし現地での数え方も独特で最初は戸惑いました。
日本との物価の差もかなりあります。
◆物価はかなり安いです

ベトナムドンは、2014年6月現在100円=約20800ドン。
ものを買おうとすると、「10万ドンだよ!」とか言われてビックリしますが、日本円に換算すると500円ほどだったりします。

ダナンのショッピングモール「BigC」で見かけた商品だと・・・
ミネラルウォーター500ml: 6000ドン
インスタント麺1袋: 3500ドン
スナック菓子1袋: 5000-20000ドン(日本ブランドなどのものは高価)

ローカル食堂では・・・
ミークワン(ベトナムの麺料理):25000ドン
ローカルビール:12000ドン

100円以下のものがほとんどですね!
なので両替しすぎないようにしましょう。初日に2人旅行で2万円分も換金しておけば、相当贅沢に使わない限り数日はもちます。

物価

◆ベトナムドンの換算のコツ?みたいなもの

米ドルを見かけたと書きましたが、全てのショップやレストランででOKだったかは分かりません。
もしドルを持って行くなら、ベトナムは物価が相当安いので、1~10ドル札を多く持って行くのがいいと思います。
個人的には、ドルで価格を提示されても「ベトナムドンは?」と聞くとそれで言い直してくれたのと、
ドルだと多少高く言われるとのクチコミを見かけたので、どこでも使えるベトナムドンを持っていく方が安心な気がしますね。

ちなみに店で値段を聞くと「ワンハンドレッド」とか「テンハンドレッド(ワンサウザンド)」という返し方をされました。
これは100,000ドン、1,000,000ドンを指しています。左の数字の単位に「,」を打ってみたのがヒントです。分かりますか?
千の値は省略して言っているのです。

ベトナムドンの紙幣は1000~50万ドンまであり、kanayは旅行中硬貨は見かけませんでした。
また、紙幣も1万未満のものは切り上げたり、切り下げたりされるので、やり取りはありませんでした。
例えばレストランのおばちゃんから、15万5千ドンの食事を15万でいいと言ってくれて喜んでいたら、
タクシーの運ちゃんから10万2千ドンの運賃を要求され、11万渡したらそのまま行ってしまったりとか、です。
よく使ったのは1万、2万、10万ドン紙幣あたりだったでしょうか。

慣れてくると頭の中での円換算も早くなりますが、最初のうちはもう大変で・・・
kanayはアプリの「eCurrency」というのをダウンロードして持って行きました。

iPhone版(Android版もあるようです)
https://itunes.apple.com/jp/app/econverter/id417022736?mt=8

100円で有料ですが、換算したい2通貨を登録すれば、その場で打ち込んだ金額を双方向に換算できます。
普通の電卓代わりにお店のスタッフとの値段交渉にも使えましたよ。

または…ベトナムドンを提示されたら、ゼロを2つ取って、0.5掛けてみましょう。これでざっくりですが、日本円に換算できます。
例:105000ドンは、1050×0.5=525円
0.5の部分は将来の円ドンレートの変化に合わせて調整すればいいかと。


◆両替屋はホイアンでは見たけれど・・・

アジア地域の旅行情報でよく言われるのが「両替は空港、銀行はレートが悪いからやめとけ、街の両替屋でどうぞ」というもの。
ベトナムにも両替屋があるらしいってことは調べておいたのですが、ダナン、フエでは見つけることができませんでした。
どちらも1日ほどしか歩いていないので、歩いた場所が悪かったのかも知れません。
一方ホイアンでは、ツアー会社が両替サービスもやっているタイプをあちこちで見かけました。
結局、kanayたちはダナン空港、ATMのクレジットカードキャッシング、ホテルで換金。ATMはどの街でもあちこちにあるので楽でした。

ATM

ATMは手数料がかかりますが、試しにkanayたちが換金したところ別に、1円あたり結果として貰えたベトナムドンを計算してみました♪

ダナン空港:TECHCOM BANK 199.87ドン 
フエ市内ATM:Sacombank 206ドン
ランコーのホテル:ANGSANA LANG CO 202ドン
ホイアン市内ATM: 205.5ドン

これで見るとSacombank というところが若干オトクだったみたいですね。
一番レートが悪かった空港と比べると、10000円換金したとしたら約60000ドンの差がついちゃいます。
50000ドンと言ったら、ローカルな食堂では十分に一食分の金額です。が、日本円にすると300円。
がんばって安いところを探すか、これくらいならと目をつぶるかは自由です。kanayたちは気にしませんでした;;

ちなみにダナン空港には数カ所の外貨両替テナントが有り、チラ見したところレートは微妙に違うようだったので、
もう少しレートの良いところはあったかも知れません。

参考にしてください♪


にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村



NEO MONEY