ベトナム旅行記(5)持ち物について

ベトナム
今回の旅は直前に出張が入ってしまったせいで、いつもに比べて下調べができないまま出発の日を迎えてしまいました;;
だからこそ現地で重宝したアイテムもあったりします♪
◆インスタントコーヒー(コーヒー好きなら)

これは意外でしょうか?ベトナムコーヒーと言ったら、お土産にもらってすごく苦い印象しかなかったのですが、
本場ではコンデンスミルクを入れてそれに対抗しているんですね~。
でも、対抗しすぎてめちゃくちゃに甘くなってしまってたよ~;;

ベトナム

超苦いブラックか、死ぬほど甘いコーヒーか。いわゆる日本で飲むコーヒー好きなkanayたちには辛かったデス。
ホテルに置いてあったインスタントコーヒーはあっという間に飲んでしまい・・・
日本から持ってくれば良かったと最初の数日はかなり後悔しました。

…でもですね、数日を過ぎると慣れるのか、ブラックベトナムコーヒーにもだんだん慣れて…
最終日あたりはお代わりしちゃったりしていましたけどねw


◆ウェットティッシュ、トイレットペーパー

いつも持って行くものではあるのですが、今回は2人で1パックでは済みませんでした。
kanayたちが行った中部は海岸に近い都市が多いので、シーフードを食べる機会が多いです。
また、メジャーなベトナム料理の「バインセオ」はくるくる巻いて手で食べるので、そのときなどにもウェットティッシュが大活躍。
食堂のお箸やスプーンなどもこれで一拭いしてお腹の調子を守っていました。

トイレはアジアで見かけるシャワーは必ずついていましたが、日本人に扱えるシロモノではありませんし・・・
トイレットペーパーの補充状況は悪かったです;;
ホテル以外では自分で持って行って使うくらいの覚悟で良いと思いますw


◆つば広めの帽子

「地域によって違う!?観光シーズン」の記事でも触れましたが、特に暑い時期にはこの形の帽子がオススメです。
6月、日光に直接あたっていなくても、距離が近いだけで顔が辛かったので。
(お土産品としてのノンラー以外の)帽子は需要があるようで、どこの観光地でもいろんなデザインのものが売られていました。

ベトナム

kanayも使い捨てのつもりで一つお買い上げして、旅行中はほぼかぶっていました~。


◆会話帳または単語集

ベトナムの公用語はベトナム語。看板などに書かれてあってもまず読めません。
ホテルのフロントやツアー会社のスタッフでなければ、英語もカタコト、非常に発音が悪いのでそれも聞き取りにくいです。
また、ベトナム語は声調が豊かなのでカタカナでの解説を見て発音してもまず通じないとか。
こういう国に行くときは、kanayは会話帳または単語集を持って行きます。会話例のページなどを開いて指さして会話するんです。
ベトナムにももちろん持って行きました。



ただ、こういう本って予めどんな文例がどのページにあるのか予習しておかないと、とっさの時に全然見つけられず
(焦っちゃうkanayが悪いのかもしれませんが・・・)kanayの旅ではあまり役に立った印象がありませんw
今回、kanayは行きの飛行機の中でパラパラめくって読みました。その上で、金額に関するところと料理に関するところには栞を挟んでおきました。
料理についてはレストランで使いたかったのですが、ベトナム料理は種類が豊富すぎて全然会話集が網羅できておらず撃沈;;
でも市場で値段を聞くときと、お客さんが他におらず時間が取れた店舗でのコミュニケーションですっごく役に立ちましたよ♪感謝!


◆為替計算機

ベトナムの通貨は桁が大きくて円換算が大変です。
詳しくは「通貨(ベトナムドン)と両替あれこれ」の記事を参照くださいね。
アプリの他、旅行者用チートシート(早見表)を印刷して持って行くアナログな方法もありますよ。

Travel Exchange Rates:fxCheatSheetR: A pocket-sized rates table for travelers
http://www.oanda.com/currency/travel-exchange-rates


◆現地SIMカードの利用(現地でかなりネットを使うなら)

ベトナムはアジア屈指のwifi浸透率!などというネット記事を浮かれて読みつつ、
それでも勉強のためと思って今回も現地でSIMを買ってみることにしたのですが…
これがなかったらと今思い返すと寒気がしますw

ベトナム

確かにwifiはたいていのお店やホテルにありましたが、どれも速度が遅すぎて情報収集には役に立ちませんでした。
画像はたいてい表示されず・・・すぐに接続が切れたり・・・。
ねこ氏は仕事のメールについてた添付ファイルすら開けないとご立腹。
Wifiに関する記事が多いホーチミンやハノイだと事情が違うのかな?それとも中部の都市が特別遅れているのかな?
今回は下調べが足りず、現地でかなりネットを使う必要があったので、
もしその場で提供されるwifiだけの旅をしていたら、すごくストレスを感じたと思います。

最後、ホイアンにつく頃にはもうwifiが飛んでるかチェックもせず、kanayのルーター一筋でネットしてました。
おかげでルーターは常に使用状態。熱くなっちゃって…。
ベトナムでのSIM利用については改めて記事にしますね。

※書きました!ベトナム旅行記(10)ベトナムでのSIM購入(前)
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-220.html

【番外編】ハノイ空港について調べておきましょう

その評判の悪さにビックリ!kanayは初日の動きについては事前に何とか調べ終えていたので
ハノイ・ノイバイ空港の構造は予習していきました。
予習していても、ちょっとまごつきました;;

Hanoi

ハノイ着でハノイ市内に出るだけなら全然迷いませんが、トランジットする流れはいったんぶった切られてしまうんです。
これも改めて記事にしますが、とりあえずフロアマップが見られるサイトをリンクしておきますね。

JAL ノイバイ空港情報
https://www.jal.co.jp/inter/airport/asia/han/han_00.html
H.I.S ハノイ支店 ベトナムの旅 注意事項・治安情報
http://www.hisvn.com.vn/jp/infomatio/

※書きました!ベトナム旅行記(7)ハノイ・ノイバイ空港のトランジット(乗継)
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-217.html


にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村