ベトナム旅行記(6)快適!羽田-ハノイ便(NH857)

NH857

いよいよ出発!羽田空港は成田に比べると海外便の利用者がまだ少ないので、並ぶのもちょっとでよく、家を出るのも遅くて済みますね~。フリーで飛んでいるWifiも強いし。
以前の記事「航空券とルート」でもご紹介しましたが、kanayは行きをハノイ-ダナンとANAで飛ぶことにしたため、出発時間の8:55の1時間半前に空港へ。

しかし、スーツケースのドロップ、セキュリティ、出国審査が全部直線上にあって、しかも人も多くなく、楽ちんです。搭乗ゲートも審査エリア出てすぐの110.だったため、なんと、空港着から搭乗ゲートまで30分かかりませんでした。これなら今後は1時間前についても・・・なんて誘惑が頭をかすめちゃうくらい。
NH857

都内から成田までは、場所にもよりますがほぼ1時間以上はかかってしまうのにくらべ、羽田までは30分強で済みます。
1時間でも無駄にしたくないビジネス需要に対応した路線と聞きますが、旅行者のkanayたちにもとっても便利です。
今は本数が少ないので、成田発に比べると時間は選べないですが。
NH857

・2014/6時点
ANA(NH857)8:55-12:05  ハノイ
JAL(JL0079)1:25-5:15 ホーチミン
ベトナム航空(VN385)16:35-20:00 ハノイ ※2014/7-10

ただし、ハノイ経由でどこかに飛ぶとなると、いろいろ面倒があるようです。
kanayはハノイでANAからベトナム航空に乗り換えるため、経由がどこだろうとスーツケースは一度ピックアップするんだよね?と思い込んでいました。
ANAのカウンターでは、「できるはずなんですけどね~」とお姉さんがPCをずっとカタカタ。
ほんとに? でも結局、お姉さん「済みません、できないです・・・」。kanay「ハイ・・・」。

今は航空会社が違っても預け入れは目的地まで運んで貰えるものなんでしょうか。とにかくハノイはダメでした。
成田からダナンまでずっとベトナム航空だったねこ氏もハノイでは一度ピックアップさせられました。
帰りのホーチミン経由は荷物を成田までスルーして貰えていましたが。

さて、出国審査を終えてゲートから外を見ていると、
おっ、サムライブルーなANAが近づいてきましたよ!
NH857

ワールドカップだもんね~!と納得していましたが、実は関係なくて、
787の特別塗装機だったみたいです。もしかして、ちょっとラッキーだったのかな?
スミマセン、飛行機には疎くて・・・

ANA、ボーイング787の特別塗装機を発表
https://www.ana.co.jp/pr/11-0406/11a-043.html

幸い?機内はガラガラで快適でした。冒頭の写真の通り、窓に青いスモークがかかってるなぁ、これも塗装のせいかな?とパチリ。
NH857

・・・これも実は塗装などではなく、シェード無しで外からの光を調節できるスゴイ機能だったんですね・・・。

そして日系は和食が美味しい!行きも帰りも和食を選びました。行きはすき焼きに肉豆腐♪
NH857

5時間ほどのフライトでハノイ空港へ。
他の空港経由だったらこの記事でダナンについちゃうはずが・・・ハノイ空港はまだまだ大変でした。
事前に予習していってさえ、わかりにくい部分があったので、次回でぜひ解説させてくださいね。


にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村

ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】