ベトナム旅行記 暴動後の観光について(番外編)

フエ王宮
↑フエの王宮にて。今回はちょっとだけ脱線。
そう言えば、kanayたちがベトナムを旅したのは2014年6月。中国の船がベトナムの漁船に体当たりし、それが引き金となった暴動から一ヶ月ほどでの渡航でした。
そのこと自体、もう忘れちゃっていたのですが、先日のこの記事:
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-238.html
ホイアン
の田んぼのエピソードを書いているときに思い出しました。
外務省からは、今は何の注意も出ていないようですね。

工場や商店が破壊される映像や、中国人2名が殺害されたというニュースを見るのはショックでしたし、
中国の船に体当たりされたベトナムの漁船が出港したのはダナン。
なぜこのタイミングで…、と恨めしく思いましたし、中国人に間違われたらどうしよう・・・と不安も感じました。

■行ってみたら全然大丈夫

でも、行ってみたら旅行中に不安な思いは一切せずに済みました。
kanayたちは主に観光地を回っていたため、出会ったベトナム人も観光に関わっている人がほとんどで、
「日本人を見分けられる」、または「自分の主義主張を客にはしない」人の割合が多かったからかもしれませんね。
いずれにしても、渡航先については最新の情報を得てから出発しましょう。

外務省 海外安全ホームページ:ベトナム
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=015#
たびレジ ※登録すると緊急情報を受け取れます
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
NHKワールド 海外安全状況
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/anzen/

敢えて中国人になりすましたり(中国語で話してみるとか、中国国旗をアピールするとか?)すればどうか分かりませんが、
普通に旅行するのであれば、ダナン、ホイアン、フエは安心して観光できると思います。
また、滞在したホテルや観光地で中国語を話している観光客(もちろん団体さん)もちらほら見かけました。

ちょっと気になったこととしては、今回はタクシーやホテルカーのドライバーさん、お店の店員さんで英語が通じる場合は
やたらに「どこから来た?」と話を振られたこと。
観光客相手のトピックとしては定番ですが、それにしても今回は毎回。
そして「日本からです」と返すと、全員が「日本!日本は好きです」。
お菓子
日本語やお寿司のイラストが入ったベトナムのスナック菓子。

続いて田んぼエピソードみたいなポジティブな反応を返してくれるのですが・・・。
ねこ氏がぽつりと「ここで中国って言ったらどうなるんだろうね~」って呟いていたのが印象に残りました。

後、「日本から来たでしょ」と見破られることも。
これはホテルのスタッフ。他の国でも経験がありますが、仕草や会話の響きで「日本人を見分けられる」人。
そう思えば、「どこから来た?」って聞かれたのも、もしかしたら日本人だと確信した上で聞いているだけだったのかもしれませんw

■旅で見えてきたベトナムと日本、中国の関係

観光情報としては余談ですが、こういう形でも、訪問する国のことを知ることができたのは良かったなぁ。

・アジア10カ国の親日度調査2014 アウンコンサルティング株式会社
https://www.auncon.co.jp/corporate/2014/0826.pdf
ベトナムは90%ほどが日本に対してポジティブでアジアの中でもトップクラス!
これなら観光はしやすいはずですね~。

・日本はベトナムへのODAが最高額。2012年には円借款2700億円、無償資金提供55.2億円など。
ハイヴァントンネル
そう言えば旅で通過したハノイ空港やハイヴァントンネルも日本の支援でできたものでした。
外務省 ODAホームページ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/region/e_asia/vietnam/index.html
※しかし汚職を理由に新規ODAは一時停止されるそうです・・・

・歴史的にベトナムは中国との対立が続いており、幾度となく戦争をしています。
しかし文化的には関係も深かったようで、マーブルマウンテンやフエ王宮では、中国建築や漢字が至る所にデザインされているのを見かけましたね。古典はほどんど漢文で残されていて、ベトナム語ももとは漢字が多く含まれていましたが、フランス政府が無理矢理ローマ字表記にしたものだそうです;;
五行山
フエの王宮観光
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-231.html
マーブルマウンテン観光
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-225.html
Wikipedia ベトナム語
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%A0%E8%AA%9E


にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村