サムイ島旅行記(9) シラロムスパへ

タイと言えば、(他のアジアの国もそうですが)、
やはりエステやマッサージが日本に比べてすごく安いので
女性には嬉しいですよね~。
kanayの海外たび・旅・タビ-シラロム・スパ
町歩きの最中にふらっと入れるところだと、1時間やってもらって数百円だったりもします。

でも、kanayたちは、そこそこ気持ちもリラックスできるところを~、ということで、
ラマイビーチにあるシラロムスパというところにメールで予約を入れていきました。

サムイ島にはいくつもスパ施設があるのですが、ここはオーシャンビューで施術を受けられるってのを
いくつか雑誌で見ていて、気になっていたのです!

上にリンクを貼ってありますが、日本語でホームページが見られるのもいいですね。
ただし、申し込み後のやり取りは英語になってしまうので、ご注意くださいね。
シラロムスパはサムイ島ではそこそこ有名なスパなので、前回の記事で紹介した
ほうぼう屋」さんをはじめ、
いろんな旅行代理店でも予約を取り扱っているので、そこを通して予約するのもいいと思います。

kanayが直接シラロムスパへ予約したのは、最初からメニューを決めずに当日気が向いたメニューを
したかったので、そういうのがOKなのかどうか、聞きたかったからでした。
特定のコースは事前予約でないと選べないけど、それでもいいならOKという返事でしたよ♪

それに、そのやり取りのメールの中で、料金を前払いすると10%OFFにしてくれるというオファーもあって、
それも良かったです。
今でもやっているかどうかは分からないですが、聞いてみてくださいね。

また、ホテルからの送迎も、スパからの距離によりますが、片道200~400Bで
やってくれました。
まぁ、安くは無いですが・・・足のなかったkanayたちは使いました;;

ホームページの地図

を見ると分かると思いますが、チャウエンビーチから車で5~10分ほど
かかります。坂もありますしひと気の無い車道を行くので、歩いてはいけません・・・。

さて、当日、お迎えの車に乗って、シラロム・スパへ!
アントン国立公園ツアーの翌日だったので、この日に備え?それなりに身体は疲れてます。
kanayの海外たび・旅・タビ-シラロム・スパ
kanayの海外たび・旅・タビ-シラロム・スパ
このスパは、とあるホテルにあるスパなのですが、
もちろんスパのためだけに行ってもOK♪
ホテルの入り口を抜けて、どんどん海の方へ向かって降りていくと・・・
可愛らしく飾られたスパの入り口に到着です~

ウェルカムドリンクが青く透き通っていてびっくりしましたが、
これもハーブドリンクだそうで・・・右上のテーブルに座って、コースメニューを見せてもらいます。
テーブルの下に可愛い陶器の人形がたくさん飾ってあるのが見えますか?
kanayの海外たび・旅・タビ-シラロム・スパ
kanayは看板メニューのタイマッサージを希望したのですが、マネージャーさんに、
「ちょっと疲れているようだからアロママッサージにしたほうがいいかも」と言われて、
そうすることにしました。

上の写真が選べるアロマ。
種類がたくさんあって、好きな香りのものを選べます。
これだけあると迷いますよ~・・・!
スパの中にはどれも植物の状態でそれが生えていて、kanayは自分が選んだ葉っぱを
見せてもらえました(これはkanayが頼んだので、持って来てくれたのですが)

・・・そしてねこ氏はと言うと、背中の日焼けがひどく、
アロママッサージも厳しい状態だったようで、
日焼けケアコースになっておりました;;

コースが決まったら、男女別の着替え小屋?のようなところで
着替え、バッグもその中にあるロッカーに入れて鍵をかけます。
男女とも、布一枚をくるくると身体に巻きつけて施術を受けるのですが、
その布もデザインが幾つもあって、kanayはマネージャーさんに選んでもらいました♪
こういうのも嬉しいですね~
kanayの海外たび・旅・タビ-シラロム・スパ
ここが女性用の着替え用スペースです。
簡単な身だしなみはここで整えられますが、あまり明るいとは言えないので、
施術が終わったあと、バッチリメイクをするのは厳しいと思います。
なので、すぐにホテルに戻れるようなスケジュールを組んでおいたほうがよいと思います。

施術中はさすがに写真は撮れなかったのですが、
まずは10分、ハーバル・スチームという、ハーブを炊いたサウナに入ります。

かなり暑くて、ハーブのせいか汗がどんどん出てきます!
暑がりのねこ氏はぐったり・・・
出ると、スタッフの方が冷たいお茶を一杯くれます。
サウナ後の、これがほんとにおいしいんです!!

その後、シャワーを浴びて汗を落としたら、いよいよ海の見える高台へ。
(トップの写真のところで受けました)

波音を聞きながら・・・

もちろんkanayは眠ってしまい・・・

気がついたら90分たっていました♪
ちょっともったいないような;;
それでも、終わったら、熱いお茶とお茶請けを持ってきてくれるので、
それを飲みながら海はしばらく眺めることができましたよ。

アロマオイルは流さずにそのまま服に着替えます。

お願いすればシャワーを使わせてもらえると思いますが、
とてもいい香りでkanayは気になりませんでした。
後はそのままホテルに送ってもらうだけですし。

マネージャーさんがお土産?にポストカードをくださいました。

タイの柔らかいサービスが行き届いた日本人向けのスパという印象。
今度来るときは、ぜひ、タイマッサージを受けてみたいなあと思いました。

・・・余談ですが、このときに出たお茶請けのお菓子・・・
たまごぼーろのようでいて、そうでない上品な味だったので、
ぜひ買って帰りたくてチャウエンの町も見てみたのですが、見つからず・・・
諦めていた帰国の時、スワンナプーム空港にあるお土産屋さんの片隅で
やっと発見して大喜びしました!!

下の写真右上の、白い丸い粒がたくさん入ってる丸い入れ物のやつがそうです。
これはうれしかったなあ~~!!
kanayの海外たび・旅・タビ-サムイ島のお土産



にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村