ベトナム旅行記(42)サパへのバス、チケットの取り方

サパのバス
今回は、寝台列車と並んで利用が増えてくるであろうバスでのサパ行きについて。
コストの面からは断然、列車よりもおすすめです。
◆夜行バス

車内に座席ならぬ寝台が取り付けられたバス(!)。
kanayは乗っていないので分からないのですが、乗り心地は結構快適なようです。
料金も片道15ドルほどと、寝台列車と比べてもだいぶお財布に優しいみたい。所要時間も寝台列車と変わりません。

問題は事前の予約が難しいこと。
kanayは1件、検索して探り当てたバス会社のホームページにメールしてみましたが返信ナシ;;
現地の旅行会社もしくは宿泊予定のホテルに頼んで、スタッフに取ってきてもらうしかないのではないでしょうか?

(当日だと売り切れの心配があるので)前日までにハノイ入りできそうであれば、
直接バスターミナルに足を運んでチケットを買うこともできそうですね。
ハノイにはいくつかバスターミナルがあるようですが、kanay的にラオカイ行きが確認できたのは、

ミーディンバスターミナル(My Dinh)
ベトナム語なので翻訳ツールで要変換です;;
http://www.benxehanoivn.0fees.net/new_page_34.htm
20番がラオカイ行き、20:00出発の5:45着みたいですね。




◆昼行バス

kanayが利用したのがこのバスです。
2014年9月に中国国境まで高速道路が開通したことで、サパへもぐんと行きやすくなりました。
おそらくですが、今後は夜行バスもこちらのルートを使うのでは?
サパへの高速道路

バスはネットから予約が可能です。
Sapa Express
http://sapaexpress.com/en

メールでのレスポンスも早く、安心して利用できました。
当日朝は、ホテルまでミニバスで迎えに来てくれます。市内でお客さんを拾いながらオフィスに到着し、
そこでチケット代を払って長距離バスに乗り込みます。
サパのバス
スーツケースもラクラク収納~♪
バスには英語可のバスガイドさんが1名乗車してくれるので安心。
ミネラルウォーターが支給され、ネックピロー、ブランケットは必要なら貸してくれます。
遅いけど3GのWiFiも使えました。

バスにトイレはついておらず、途中で一度トイレ休憩がありますが、ただの野原…
工事中で、今後はPAみたいなものができる気配はありましたが、「トイレ」なるものはありません!
そういった場所で用を足す勇気のない人(ほとんどだと思いますが…)出発前にしっかりトイレに行っておきましょう~。
サパへのバス

バスの窓は大きくて、ベトナムの田舎の景色が十分楽しめます。この日は曇っていたのが残念。
ラオカイをスルーしてサパ直通なのも嬉しい。午後1時頃にサパに到着です。


◆ラオカイ-サパのローカルバス

ラオカイ-サパ間は一日14便、朝5時台から夕方5時までローカルバスが頻繁に往復運行しています。
バス乗り場は元・ラオカイ駅前の広場。
サパのバス


2014年10月現在、元・ラオカイ駅は工事中のため、臨時駅が50メートルほど北に出来て機能しています。
運賃は片道28000ドン。

サパでのバス乗り場は、教会から徒歩1分ほどのところ。
サパ発の始発は朝6:35、最終便は19:00になっていました。
サパのバス


より大きな地図で bus stop in Sapa を表示


※注意※
2014年9月、サパからハノイへ向かう寝台バスが崖から落ち、死者が出る事故がありました。
鉄道はスピードものろいですし、ラオカイ~ハノイ間の夜間はすれ違いもなさそうなので
交通事故の心配は限りなくないですが、バスはこの心配がありますね。
あんな山の中で事故にあったら、いつ助けに来てもらえるんだろう・・・と言うくらい山の中です。
サパへのバス

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村