ベトナム旅行記(48)ベトナム名物をつまみ食い♪ クアン・アン・ゴンレストラン(Quan An Ngon)☆☆☆

Quan An Ngon
ハノイに前泊した夜ご飯をここでいただきました。
今回の旅でハノイにはほとんど滞在しなかったので、下調べもほとんどなし。そんな人にとっては、ベトナム各地のグルメがあれこれ食べられるこのレストランはとっても便利だと思います♪
kanay的オススメ度:☆☆☆
☆     何らかの理由でおすすめしません
☆☆    一度くらいは行ってみてもいいかも
☆☆☆  これはおすすめ! →ココ!

Quan An Ngon

クアン・アン・ゴン(Quan An Ngon)はちょうどハノイ駅近くにもあって、
鉄道駅近くにホテルを取っている人なら徒歩で行ける場所にあります。


kanayが宿泊していた「Twins Hotel」からも徒歩5分という近さ。

Quan An Ngon
レストランはオープンエア席と屋内席があり、開放感があります♪
席数は多いように見えますが、人気のお店なのでお客さんもきっと多いのでしょう。
kanayが入店した平日午後6時では7割ほど埋まっていた席が、帰り際にはほぼ満席になっていました。
予約が出来るのかどうかは分かりませんが、予約無しだと午後7時くらいまでには入るのが無難なような。

Quan An Ngon
ハノイ到着を祝してビール。Bia Ha Noi。フエやホイアンでは見かけなかったハノイの地ビールですね。
美味しかったですよ。実はこの後、サパで飲んだBia Laocai はkanayの口に合わず…。
ハノイに戻ってきてからこれを飲み直しました!

「ハノイにもつけ麺があるらしいよ!」
ラーメン好きなねこ氏からのLINE情報を得て、市内へ向かうバスの中でハノイグルメを検索していたkanay。
おそらく「ブンチャー(Bun Cha)」のことを言っているのだと判断。
メニューにあったので、それと生春巻きを注文しました。英語がもちろん通じます。

注文してから料理が来るのもベトナム基準では早い!(日本だと普通~やや遅いくらい…)
おしぼりもちゃんと出ます。

生春巻きは材料が異なるメニューが幾つかあり、kanayはポークを注文したところ、
なんと竹に巻かれて焼かれたポークがやってきました…凝ってます♪
Quan An Ngon

Quan An Ngon
店員さんが目の前で竹から外して春巻きを作ってくれました。
ちゃんと手袋してくれてる…w
Quan An Ngon
ブンチャーもほぼ同時に到着。
おお、確かにつけ麺スタイルだぁ!
ですが、麺はビーフンでつけ汁には炒め野菜と肉団子が邪魔なくらい入ってます。
野菜をのせた皿も別に置かれるので、これも適当に入れて食べるみたい。

ちなみに日本のつけ麺と違い、汁の温度には全く気を遣ってくれないのでぬるいですw
そして甘い!麺はくっついてひとかたまりになっている!お箸で引きちぎりながらつけ汁に浸しましょう。
kanay的には、やっぱり東京のつけ麺が好きだなぁw でもまったく別物なので、比べるのはヤボですね。

これだけ食べて、支払いは19万ドン(約1000円)でした。お値段は観光客向けですね~!
また、料理も特別に美味しい!というわけではありません。
それでもお勧めする理由は、何と言ってもベトナム各地を代表する名物グルメが網羅されたメニュー。
一人だったので注文できませんでしたが、聞いたことのあるベトナムグルメが勢揃いで感心しました。
kanayみたいに食べたいものが決まってないときや、大人数で行くときは、いろいろつまめて絶対楽しいと思います。

ちなみにブンチャーはハノイ名物なので、わざわざこのレストランで食べなくても町のあちこちで食べられます。
kanayもサパから戻ったとき、別のお店でまた食べました♪
甘いつけ汁が合えば、いろいろ食べ歩くのも楽しいと思いますよ~。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村