ベトナム旅行記(53)週末は予約がおすすめ。サパのホテル

Sapa Lodge Hotel
kanayが宿泊したSapa Lodge hotel
清潔で広くてスタッフも親切。お値段も手頃で長居したくなるホテルでした♪

kanay的オススメ度:☆☆☆
☆     何らかの理由でおすすめしません
☆☆    一度くらいは行ってみてもいいかも
☆☆☆  これはおすすめ! →ココ!

サパは小さい町ですが、宿泊施設はその広さに比べるとたくさんあります。
下の記事で紹介したように、立地は少々考えるべきだと思いますが、選ばないのであれば予約なしでもどこかへ滑り込めると思います。

ベトナム旅行記(50)サパへ到着!マップ無しでも歩けます♪
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-267.html

ただし、サパにはいわゆるリゾートホテル的なものはほとんどありません。
サパの相場からするとぶっちぎりで高く、ハノイから専用の寝台列車まで出しているビクトリア サパ リゾート&スパくらいではないでしょうか。

サパ
行ってみると、少なくとも町の中心部にあるものはその大部分がプチホテルやゲストハウスでした。
1部屋あたりの価格帯は10ドル台~80ドル台と幅広く、内容もドミトリーから小ぎれいなブティックホテルまでさまざま。
kanayも現地でいろいろなホテルの前を通りましたが、ほんとうにバリエーションに富んでいますw
現地で一つ一つ部屋を確認していく手間が惜しいようであれば、やはり予約をおすすめします。

あと、予約がおすすめな理由はもう一つあって、予約してお客さんになってしまえば、
滞在中のツアーの手配や寝台列車の予約も引き受けてくれるので楽なのです。
(多少手数料が取られる場合もあります)

kanayは結果的に事前にそういったお願いはしませんでしたが、
滞在中にホテルが催行しているバックハー・マーケットへのツアーに格安で参加できました。
大抵のホテルが取り次ぎまたは自前でいくつかツアーを実施していて、前日までに申し込めばOKになってます。
気分次第で申し込めるので、これも嬉しいですね。

それから、日本ではともかく欧米ではサパは結構有名な場所らしく、
日曜は中でも有名なバックハー・マーケットという少数民族のマーケットにみんな押し寄せます…。
なので土曜の夜は、早く埋まることが多いようです。
滞在予定が土曜夜にかかってしまう場合は、やはり予約が良いでしょう…。

ちなみにkanayの宿泊したSapa Lodge hotelはここ。
Sapa Lodge Hotel
スーペリアルームは広さが30平方メートルあって、
トレッキングの荷物をたっぷり床に広げて準備でき、快適でした♪
部屋には無料WiFiが飛んでいます。

Sapa Lodge Hotel
もう一つ上のデラックスルームにしようかとも迷ったのですが、行ってみると眺めが山側なだけみたいでしたね。
サパは霧が多く、kanayが滞在した3日間の内、廊下から山々が見渡せたのは1日だけw
スーペリアは窓が通りに面しています。

あ、それからこのホテルは5階建てなのですが、エレベーターがないので、
足に問題がある人は低層階をリクエストしましょう。

Sapa Lodge Hotel
スーペリアにはシャワーしかありません。
熱いお湯はたっぷり出るのでkanay的には特に問題なし。

Sapa Lodge Hotel
アメニティは石けん、歯ブラシ、カミソリはありました。それ以外は持って行きましょう。
あと、このクラスのホテルにはありがちですがシャンプー、コンディショナー、ボディソープが一体化した万能ソープがあるだけなので(w)、一緒くたに洗うことに抵抗がある人はこれらも持って行きましょう。

ベッドはメンテナンスもよく清潔。毎晩ぐっすり眠れました。
もちろん毎日掃除に入ってくれます。

Sapa Lodge Hotel
朝ご飯はアメリカンブレックファストとサパのローカルフードが一緒に出るビュッフェタイプ。
品数は多いとは言えませんが、ホットミール、コールドミール、野菜、果物、コーヒー、ジュースはちゃんと選べるようになっていました。

参考にして下さい♪


にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村