ベトナム旅行記(68)サパからバックハー・マーケットへ:スケジュール編

バックハー
サパを満喫した日々が過ぎ……いよいよサパを離れる日がやってきました。
余韻に浸るまもなく、早朝からバックハー・マーケット(Bac Ha market)へ向かうツアーに参加します。
バックハー・マーケットは、サパ周辺で開かれている少数民族によるマーケットのうちの一つで、最大のものです。
他にどんなマーケットがあるのかは、別の記事で紹介しています。

ベトナム旅行記(40)サパへの個人旅行スケジューリングのポイント
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-257.html
(記事中ほどをご覧くださいね)

サパ周辺とは言え、どこもサパから車で3時間はかかります。
また、観光バスが毎週走っている(マーケットごとに開催曜日が決まっているので)のは
バックハー・マーケットのみ。そんなわけで観光客は日曜の朝、バックハーに殺到するのです;;

多くの観光客が行くので価格も安いです。
ランチは含まれず、グループにつき1名のガイド付きで一人15~20ドルほど。

サパ
もう一つ、バックハー・マーケットが人気の理由は、そこに集まるのが「花モン族」だから。
写真を見ていただくと分かりますが……衣装の華やかさは他のグループを圧倒しています。
これも観光客を惹きつける理由ですね。

◆日曜朝にサパ滞在の予定を組もう

先に言ってしまいましたが、バックハー・マーケットに行くには、
必ず日曜の朝、サパに滞在しているようスケジュールを組む必要があります。
もしくは夜行の寝台で日曜早朝にラオカイへ到着し、そこでバスを捕まえるか。
(列車が遅れる可能性があるのでkanay的にはこちらはオススメしませんが……)

観光バスはサパを出発してラオカイを経由し、バックハーへ向かいます。帰りも同様です。

これを利用して、日曜朝にサパのホテルをチェックアウトし、スーツケースごとツアーに参加して、
帰りにラオカイで降ろしてもらい、そのまま寝台列車に乗ってハノイに帰るスケジュールを組む人もいます。
kanayもそうしました。
その場合ですが、

◆スーツケース(バックパック)の預けどころを確認しよう

大きな荷物を抱えてマーケット内をウロウロするのは無理ではないですがお勧めしません。
狭い通りもありますし、地面はでこぼこの土(泥)です。スーツケースは引けません。

ツアーを申し込む際に確認しましょう。
kanayは泊まったホテルで申し込んだのですが、
スーツケースは当日、ラオカイ駅前のレストランで預かってもらえるとのことでした。
ツアー会社と提携しているようで、kanayたちがチップなど払う必要はなかったです。
ラオカイ
↑ここに置かせてもらいました♪

◆ラオカイでの待ち時間の予定を立てよう

スーツケースをラオカイで降ろし、そこからバックハー・マーケットに行って、
戻ってくるのは夕方4~5時頃になります。
ラオカイで寝台列車のバウチャーをチケットに引き替えた後、
発車する夜8-9時頃まで待機しなくてはなりません。

大きな空港などでしたらお買い物と夕食で数時間などあっという間ですが……
ラオカイ駅前には数件のホテルとレストランがあるのみ;;

中国との国境
車で5分ほどなので歩いていくことも不可能では無いと思いますが、
案としては中国国境を見物?したり、あちらで中華料理を食べてみるなんてことも出来そうではあります。


しかしkanayが気になっていたのは……当日のシャワー;;
一泊くらい浴びなくても死にはしませんが……(若い頃はともかく)今のkanayにはかなり不快。
マーケットで歩き回って疲れてもいるだろうし、どこかで一息つきたいなと考えていました。

ラオカイ駅前から徒歩圏に幾つかホテルがありますので、そこを予約するのも手ですね。
数時間の滞在なのでもったいないですけどね。
寝台列車には車両ごとに洗面台一つ、トイレ1-2個室しかないので、歯磨きや顔を洗うのも順番待ちになります。
(乗車直後や深夜など、混んでない時に使うのがオススメです)

Thien Hai Hotel (ラオカイ駅すぐそば)
Lao Cai Galaxy Hotel(ラオカイ駅から徒歩10分ほど)
Sapaly Hotel Lao Cai (国境寄り、リーズナブル)

kanayは荷物を預かってもらったレストランがゲストハウスも運営していたので、
そこでシャワーを浴びさせてもらいました。
ただこれは、ツアー申込時には(できるかどうか)分からないとホテルスタッフに言われたので、
当日聞いてみる必要があります。これはダメ元の案ですね~。

ラオカイ
個人的に滞在は勘弁って部屋でしたけど(すみません)、
シャワー貸してもらえてすごくリフレッシュできたし助かりましたよ。

参考にして下さい♪

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村