ベトナム旅行記(70)サパからバックハー・マーケットへ:中編(水牛市)

バックハー
毎週日曜に賑わう「バックハー・マーケット」で売られているのは、
美しい民族衣装だけではありませんよ~。
バックハー・マーケットではエリアごとに売られているものが別れています。
ガイドさんによると、民族衣装だけでなく、食料品、日用品など、
まさに花モン族の生活に必要なものなら何でも売っているそうです。

ガイドさんについていくと……
バックハー
ベトナムのシンボル(!?)水牛がたくさん!
もちろん売られに来ています。

水牛エリアは、普段近づけない水牛を間近で見られるため、観光客に大人気。
(サパでトレッキングしていればすれ違ったりできますが)
ここはベトナム人より観光客のほうが多かったかも……;;

バックハー
kanayもおっかなびっくり触ってみました。
毛は硬かったなぁ~。

ところが、売られているのは水牛だけにとどまらず。

バックハー
相変わらず逆さに持たれている鶏に……。

バックハー
えっ、子犬!?
思わず「食べるんではないよね?」とガイドさんに聞いてしまったよ……。

バックハー
「いやいや、可愛がって番犬にするんだよ!」と苦笑いされてしまいました。
良かった~。
子猫もいました。ねずみでも捕らせるんでしょうか?
バックハー

そして、……なんと、馬も!
バックハー
普通に近寄って触ったりも出来ますが、蹴飛ばされると危ないので背後には回らないように。

それから以前ホイアンを訪れた際にも感じたのですが、ベトナムの人は鳥が大好きですね~。
もちろん鳥もたくさん売られていました。
バックハー
↑ガイドさんが息子さん用に購入。

ベトナム旅行記(33)チケットを切られながらホイアン観光「廣肇會館」
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-244.html

ベトナム人が重視するのは色や形でなく「歌声」のようです。
たくさん並べて置いて、よく鳴くのはどれかを皆さん真剣に見定めていましたw
バックハー

と、今回はまるで動物園レポみたいになってしまいましたが、
逆に意外なものがありすぎてすごく楽しめました。規格外のマーケットというか。
ここまで1時間ほどのガイドツアーはいったん解散し、午後2時のバス出発まで自由時間になりました。

さて、お腹もほどよくペコペコなので、マーケットでランチをいただきましょう♪(続く)


にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村