ベトナム旅行記(76)ハノイの超有名店「ダックキム(Dac Kim)」のプチトラップ☆☆

ダックキム
ハノイの名物はつけ麺風な「ブンチャー」ですが、中でも一番有名なのが
ローカルレストラン「ダックキム(Dac Kim)」
しかし小食なヒトにとってはちょっとしたトラップがあるのでご用心;;
kanay的オススメ度:☆☆
☆     何らかの理由でおすすめしません
☆☆    一度くらいは行ってみてもいいかも ←コレ!
☆☆☆  これはおすすめ!

早朝にハノイに到着し、午前中は仮眠&(渋々)仕事のメールチェック。
お腹が空いてきたのでダックキムへ行ってみることにしました。
kanayが滞在した「Aranya Hotel」から徒歩15分くらいのところにあります。



ざっと見た限り、店内は観光客5割、ベトナム人5割という感じでした。
ここまで有名なら観光客だらけでもおかしくはないな~と思っていたので、kanayにとっては意外でした。

メニューはブンチャーしかないと聞いていたので、座って待っていると、
何も言わなくてもブンチャーが運ばれてきました。

ダックキム
……つけ汁にのった豚肉の量がヤバイ;;
しかも揚げ春巻きまで来たよ……
どちらかというと小食なkanayには明らかにオーバーボリュームですが、
せっかく出てきたのだし、と言うわけで頑張って8割ほど食べたところでギブアップ;;
この後、食べ過ぎたせいで帰国まで機内食含め何も食べられませんでした。
成人男性でも大満足な量なのはいいのですが、小食でなくても女性には厳しいと思います……

つけ汁の味はやっぱり甘め。ハノイ到着時に食べた「クアンアンゴン」のブンチャーと比べると、
ボリュームの他には上にのった豚肉の焦がし風味が美味しかったです。

で、冒頭で触れた「プチトラップ」の件ですけども……
ダックキム
これこれ。
なんと揚げ春巻きはオプションで、食べなければその分は支払わなくて良かったんです!
ちなみにこのお店のブンチャー代は揚げ春巻き入りで9万ドン。
ベトナムで麺料理1品としては破格の高さです。3倍は取っています

店内に価格表みたいなものはありません。
向かい合わせに座ったベトナム人の支払い額5万ドンを見て、同じだけ出したら、
「違う違う!」って。(ちなみにこの店、英語は通じませんのでジェスチャーで判断)
そこで初めて、卓上に置くタイプのメニュー表を見せられたんです。
それで揚げ春巻きがオプションだったことを知りました……。

もちろん揚げ春巻き自体は美味しかったので、食べたい方はそれでも良いと思いますが、
小食な方は無理に食べる必要は無いです!!

記憶をたどれば、フエで入ったフォー屋さんでも確かにお通しが出てきて、
それも食べれば支払い、と言うシステムでしたが、それにはちゃんと値段がお皿に貼ってあったし。

ダックキムではそれがいかにも、これ全部でセットです!ってな体で出てくるので要注意です。
観光客だと見ると、そうしているのかもしれません。

個人的にはこういうやり取りもあったので、味はともかく、
ちょっと騙された気分になりました……。

これに引っかからなければ、味自体はそこそこ(すみません、ブンチャーの美味しさがいまいち分からないだけかも)
なので、一度は行かれることをお勧めします♪

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村