アンコール・ワット旅行記(3)シンガポール航空で羽田から

都内在住のkanayは今後はガンガン羽田を使う予定!


私たちが利用したのは羽田発SQ635便、早朝6時半の便です。

この便を利用するには、実質、深夜から空港にいなくちゃいけないので、

この早朝便ではなく、深夜発で現地に早朝着く便の方が人気があるようですね。

ただしkanayは飛行機の中で寝れない体質なので、そっちの方が地獄…
(いつかビジネスクラスに乗れたら寝れるのかも!?と淡い期待…)


最終電車で空港に来て待つ人が多いようですが、

ツアーなどでは近場のホテルの前泊分をサービスしてくれるところもあるようなので、

そういうツアーを探すと疲れなくていいのではと思いました。


羽田空港国際ターミナルへのアクセス情報はこちら でチェックしました。




車kanayの空港までの行き方


kanayはタクシーで浜松町まで行き、そこから東京モノレールの始発(4:58)に乗ることにしました。

これで3時半くらいまで家で寝てられるし、合計3700円ほどで羽田国際ターミナルに5:13に到着できるので。
お住まいの区によっては空港まで定額で行けたりするので、お得な方を検討してみてください。

羽田空港への定額タクシーサービス

日本交通

ANZENタクシー


他にもあると思います。kanayは日本交通さんにお願いしましたが、超早朝の迎車を頼んだにも
かかわらず…ドライバーさんはこちらも超礼儀正しくて恐縮しました。


浜松町駅といっても、モノレール乗り場に近い入り口は、
早朝にはちょっと分かりづらい場所にあるので、モノレールに乗りたいとタクシーに伝えておくといいと思います。
階段が続くのでスーツケースが重い人は覚悟してください…

羽田到着後は、ウェブチェックイン済みだったので、荷物をドロップしておしまい。
しかし空港を見て回ろうにも…
フードコートくらいしかこの時間には開いていない…


もう少し見て回れる場所があれば、電車の最終で行って、待機する価値もあると思うんですが。



kanayの海外たび・旅・タビ-羽田空港搭乗ゲート


ようやくフライト。特に遅れもなし。

でも…


SQ…これが最高評価のエアラインなの??
その良さが今回のフライトでは理解できませんでした…


不況でいろいろコストカットが始まっているのかしら?



朝食はチキンライスと洋食からねこ氏とそれぞれ選んで食べましたが、
どちらもこれまで乗ってきたエアラインの平均~悪くらいの味!!
これじゃ半月前に乗った(悪名高き)エアチャイナの味とそんなに変わらないじゃないの?
機内サービスもごくごく普通。
帰りのANAのがとっても良く思えたレベル。
エコノミー席だし、たまたまだったのかもしれませんが、今後SQを特に意識することはないでしょう…



フライトが長時間になると、腰痛持ちの場合はこたえます…
エアークッションは機内で膨らますので持ち運びもかさばらず便利。
背中にはさんでおけば、ちょっと狭くなりますが背筋が伸びるので腰痛の心配ナシです。
(ねこ氏は椎間板変性の腰痛で、ヨックレスト↓を愛用)



思わず愚痴ってしまいましたが、さて、7時間半ほどのフライトで、チャンギ空港へ到着です。

2時間ほどのトランジット時間(良い感じ!)でシルクエアー の小さなエアバスに乗り換えてシェムリアップに向かいます。




にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村


海外格安航空券ena 【イーナドットトラベル】