北京出張と一日観光(5)ホテル建国飯店(Jianguo hotel Beijing)

kanayの海外たび・旅・タビ-Jianguo hotel Beijing

今回は、北京出張で滞在したホテル「建国飯店(Jianguo hotel Beijing)」 について
書きたいと思いますかお

この建国飯店は、オフィスに近いという理由で中国スタッフが手配してくれたのですが、
立地は北京市内の中央(故宮や王府井)から東へ2~3kmほどの、
朝陽区というところにあります。
地下鉄一号線の永安里駅までホテルから歩いて1分ほどで、
そこから3駅で北京の繁華街・王府井駅に行くことができます。
観光目的でも特に不便な場所ではなかったと思いますよ。


建国飯店のあるあたりは、建外SOHOと呼ばれていて、
東京にも見劣りしない高層ビルが立ち並び、
外資系オフィスがたくさん入っています。
道路も広くてゴミもあまり落ちていません。
kanayは初めてこのエリアに来た時、
「東京と変わらないねー」と中国スタッフに言ったところ、
「ここだけだよー」と苦笑されました

確かに、先日紹介した全聚徳のある場所には、
見慣れたアジア的な雑踏がちゃんと存在していました。

さて、この建国飯店(Jianguo hotel Beijing)ですが、
おそらく北京ではかなりグレードの高いホテルだと思われます
北京で最初の国際ホテルだそうで、
初期は中国含む各国の要人が滞在していたとか!

なのに外観はネオンがキラキラ・・・
センスの差かも知れませんが、正直言って、第一印象は、
高級ホテルという印象はkanayは持てませんでした

しかし、そのエントランスを入ると、印象は一変!!

ロビーは広々としてますし、チェックインもてきぱき。
ゲストに接するスタッフは英語OKで、観光客としても安心して宿泊できそうです。
kanayはたまたま、チェックインして部屋に行ったら
清掃を終えたスタッフと鉢合わせしてしまったのですが、
彼女たちは英語がダメでした。
でも、とてもにこやかに話しかけてくれました
kanayの海外たび・旅・タビ-Jianguo hotel Beijing  kanayの海外たび・旅・タビ-Jianguo hotel Beijing
お部屋のクラスはビジネススイートでした。
ベッドルームが2階にあるメゾネットタイプです。
広すぎて一人のkanayにはもったいなかった・・・

設備は文句なしです。
部屋のタイプにもよると思いますが、
普通に宿泊すればかなり高い(2万以上する)ので、
当たり前かもしれませんが。

・部屋に有線LANが引かれていますが無線LANも飛んでいます。(ゲストは無料)
・ポット、ミニバー、アメニティ(歯ブラシ、シャンプー&コンディショナー、
ボディソープ、かみそり、シャワーキャップ、綿棒、コットン)完備
・1階と2階のどっちにもバスタブがついています。お湯の出も問題なし。
・テレビも各階にあり。
・何も言わなければ毎日部屋の掃除が入ります
・アメニティも毎日補充されます。
・英字新聞と中国語の新聞、ミネラルウォーター2本が毎朝届けられていました。
・24時間、ルームサービスも利用可能です(有料)。


ただ・・・少なくともkanayが滞在した部屋には時計(アラーム)がなかった
自分で持っていった時計で毎朝起きてました。

朝食は1階のレストランでのビュッフェで、
洋風のメニューも中華風のメニューもあります。
お粥と煮玉子が美味しかったな~!!
オムレツも作ってもらえますよ。
朝7時前後は観光客でかなり混んでいたので、
kanayはだいたい8時ごろ降りていくようにしていました。

部屋からは、ホテルの自慢らしい?庭が見下ろせます。
雪が降っていたせいか、むしろ1階のロビーから見る眺めが素晴らしかった。
kanayの海外たび・旅・タビ-Jianguo hotel Beijing
ホテル前でタクシーを拾えます。
(これは建国飯店だけでなく近くの他のホテルもそうみたいでした。)
ドアマンに声をかけましょう!
(kanayは個人的にはタクシーは勧めませんが・・・
北京でのタクシー事情はこっちの下のほうにかいてあります・ ・・ご参考まで)

また、地下鉄の駅もすぐそこなので、地下鉄を使うにも良いホテルでした。

ただし、スーパー的なものはホテルの周囲にはありません・・・
10分ほど東へ歩いたところにある国貿商城 というショッピングモールに
KFC、地下にパン屋さん、スイーツショップ、カフェがありました。
また、逆に西へ10分ほど歩くと、秀水街という、
シルクのお店が中心の、別のローカルなショッピングモールもあります。
その周辺にはハンバーガーショップその他のテイクアウトショップや
軽食が食べられる小さなお店が通りに沿って並んでいます。
そこで買出しをしても良いかも。



にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村