ベトナム旅行記(88) ムード満点!ホイアンの夜市

ホイアン
満月の夜限定で開催されるホイアンのランタン祭りは月に一度ですが、
歴史保護地区からトゥボン川を渡った先では、毎晩19:00頃から夜市が開かれています。
ランタン祭りより規模は小さいですが、それでも縁日気分はたっぷり味わえますよ~♪
ホイアン
夜市が開かれる場所はこのあたり。



ワゴンの屋台が数十軒並び、主にお土産やお菓子が売られています。
ホイアン

付近にはお洒落なカフェやブティックホテルが建ち並んでいますし、
付近のレストランはもれなくテラス席、二階席が設けられていて、
ご飯を食べたり飲んだりしながら夜市の雰囲気を味わえるようになっています。

ホイアン
ランタン祭りの見どころ、ランタン屋さんもこちらに数軒出ていて目を惹かれます。
綺麗ですね~♪

けれどこの夜市でランタン屋さんより人気があって、お勧めのお店が一つだけあります。
それは「アート習字」のお店なんです。
ホイアン
職人さんが観光客が希望するメッセージを、絵付けされた半紙にその場で書き込んでくれる実演付きで、
習字が大好きな欧米人がいつも人だかりを作っていました。

日本の水墨画ともちょっと違うタッチで、アルファベットも美しくデザインしながら
さらさらっとその場で書き上げてしまいます。
一枚20万ドン。

絵のモチーフはホイアンの観光スポット「日本橋」やベトナム美人、ランタンが下がったホイアンの風景などなど。
当然kanayも欲しくなって並んでみたのですが、メッセージ付きなので一人5分ほどかかってしまう上に、
必死の欧米人たちはもう割り込み上等です;;
あきらめざるを得ませんでした・・・・・・。

ところが翌日、ホイアンのビーチ(別記事で紹介します)へ行った後、送迎車でホテルへ戻る途中、
見覚えのあるアート習字が車窓越しに見えました。
ホテルへ到着後、慌ててその付近へ戻ってみると……あった!職人さんのお店!

ホイアン
このおじさん「Minh Nhan」氏は書家さんで、習字を通じて中国、日本の書家とも交流があり、
日本人のお弟子さんもいるそうです。

お店は穴場なのか、空いていて、たくさんの作品からじっくり選べましたよ。
「Minh Nhan」氏は英語がカタコトしかできないので、kanayはベトナムゆびさし単語帳で必死に会話。
購入した作品に名前を入れてもらっちゃいました~♪これはすごく嬉しかったなぁ♪
帰国後、すぐ額に入れてkanayの部屋に飾っています。本当に見事なアート習字です。

ちなみにお店はこのあたりでした。



夜市で買えなくても、これなら大丈夫!

(追記)
この「アート習字」含め、ベトナムのお土産屋さんでkanayが見かけた職人芸を
こちらのサイトへ寄稿させていただきました。
良かったら見てみてくださいね~。

ベトナムの職人技が光る、お土産におすすめな人気雑貨 厳選3選|旅行の達人
http://ryoko-tatsujin.net/southeastasia/9131/


にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村