ベトナム旅行記(91) ホイアン郊外ツアー、木彫りのキムボン(KIM BONG)村へ

キムボン村
タンハー村で陶磁器を堪能した後は、再びおじさんのボートに乗ってキムボン村へ。
キムボン村も、タンハー村に負けず劣らず小さな村ですが、ここで作られた作品はベトナム全土へ出荷されていくそうです。
キムボン村
キムボン村はタンハー村から15分ほどの船旅で到着。
ここも、あののどかなホイアンが大都会に思えるほどちんまりしています。が……。

木彫りのお店が見えてきました。
よく見ると、表に立っている木彫りの彫刻のクオリティが大変なことになっています!(冒頭)

キムボン村
ここも工房が一つ屋根の下にあり、若い人たちが作品制作にいそしんでいます。
皆さん真剣そのもの……。修行中なんですね。
タンハー村と違って体験はありませんでした。(やってみても無理だったと思いますけど;;)
観光客は邪魔せず、ただ遠巻きに見つめるのみです。

キムボン村
隣接するショップ。
お店は他にも村にありましたが、やはり2~3軒だけ。
このお店が一番立派でしたが、職人さんは表彰を受けた方のようで、受賞作品が店内に飾ってありました。

キムボン村
商品の品揃えはかなりなもので、質も良いので、30分くらいなら飽きずに見て回れると思います。
観光客にも買いやすい小さい木彫りもたくさんありますよ。

キムボン村
実は他に螺鈿細工のお店もあって、そこにも案内してもらいました。
ここでは店頭で職人さんが2人、作品作りの真っ最中!

キムボン村
細かく刻んだ貝殻を、同じ形に削った木の凹みに一つずつはめ込んでいきます。
他の国でも螺鈿細工は見かけたことがありますが、いつもその手間を考えると気が遠くなってしまいます;;

キムボン村
ここでkanayは小さな額を買いました。はめ込み型の螺鈿でなく、螺鈿で描かれた花鳥の額です。
5ドルと言われましたが、kanayの持ってる1ドル札が4枚しかなかったので、まけてもらっちゃいました。ごめんなさい。

キムボン村
もちろんキムボン村を訪ねた方がたくさんの品から選べるのでオススメなのですが、
ホイアンにもこの村の職人さんが出しているお土産屋さんがあります。
日本橋を渡って西の通りを歩いていると見つかりますよ~。

小さくて飾り気のないお店ですが、メインの日本橋の東エリアに置いてある木彫りとは
品質が全然違うので、すぐ分かると思いますw

キムボン村
ランチを取ってからツアーに申し込み、ホイアンに戻ったのは夕方でした。
仕事帰りなのか、また人を満載して近くの村へ向かうボートとすれ違い。
通勤ラッシュというやつですね。お疲れ様です!



にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村