ホーチミン旅行記(5)2015年、ベトナムのビザ事情が変わりました

ベトナムのビザ
こちらは1月から改正されたようですが、今年の夏休みにベトナムへ
初めて出かける方も多いと思いますので、記事にしておきますね。
kanayは昨年秋に訪問して以来でしたが、それでも気づいたのは2週間前に取った航空券の注意書きでした……。
日本人はもともとベトナムによる好意(一方的査証免除措置)で15日以内の滞在であれば、ビザが不要になっています。
とても有り難いことなのですが、2015年1月からは

1) 入国時点での旅券残存有効期間が6カ月以上になります。
(これまではは3カ月以上でよかった)

2) 前回のベトナム出国から30日以上経過していないと入国できなくなりました。
(事前にビザ取得していればOK)

になったそうです。
他にもいろいろあるのですが、旅行者として関係してくるのは上の二つだと思われます。

ベトナムのビザ

1)については今のうち、パスポートの残存期間を確認しておきましょう。
kanayはちょうどこの春、パスポートの更新をしたばかりで良かったです。
6ヶ月ということなら、今年中に切れてしまうパスポートの場合はもう更新しておいた方が良いでしょう。

2)。これはベトナムだけ行って帰る人は問題ないですが、例えばハノイに入ってからバンコクなど他国へ行き、
数日後にホーチミンへ戻ってしばらく観光して帰国、などという短期の周遊旅行はできなくなります
バンコクに30日滞在してから戻る場合は大丈夫ですが……

ツアー参加でしたらもちろんそのあたりは旅行会社が問題なく手配してくれていると思いますが、
個人手配で旅行される人はスケジューリングの際に気をつけて下さいね。

よくよくこの改正の理由をチェックしてみると、一方的査証免除措置となっている
日本、韓国、デンマーク、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、ロシアのパスポートを持っている人であれば、
いわゆる「ビザラン」をやって15日を過ぎてもベトナムに滞在し続けることがこれまで出来たのですね。
そのことへの対応のようです。

入国に全員ビザ必要です!とならなくて良かった……

ベトナムのビザ

あと、個人的に付け加えるとするなら、
ベトナムは入国審査の時に必ず帰国便(出国便)のチケット提示を求められます。
最近は、e-チケットを帰国前日のオンラインチェックイン時にダウンロードする人も多いと思いますが、
その場合は当然、入国時に帰国便のチケットは出していないので問題になるでしょう。

チケット控えはプリントアウトしておきましょう。

kanayは今回はチャイナエアラインを利用したのですが、たまたま、
モバイル搭乗券が成田のカウンターでうまく認識されませんでした。
その際に紙のチケットを発券してもらったのですが、一緒に予約概要をプリントアウトした紙ももらっていたのです。
ダメ元(?)でそれを見せたら通してくれました-。

参考にして下さい。

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村