ホーチミン旅行記(6)チャイナエアラインでホーチミンへ

チャイナエアライン
前々回の記事で紹介したホーチミンへのフライト一覧の中で、kanayはチャイナエアラインを選びました。
実はこれに乗るのは初めて!
チャイナエアライン
出発日の早朝、いつもの東京シャトルに乗って成田空港へ。
チャイナエアラインのカウンターに行ってみると……
すごい列でビックリ!平日なのに。人気路線なんですね。

台北まで3時間、そこからいろいろな都市に飛んでいるようですが、ホーチミンへはまた3時間ほどのフライトになります。
乗り継ぎが良いのと、出発日が迫っているのにかなり安かったのが決め手だったのですが、
みんなきっと同じでしょうw

でも、家で予めチェックインを済ませていれば、スーツケースを預けるだけなのでこの行列は回避できます。
この列じゃあ、やらない手は無いですねー。

オンラインチェックインと言えば、購入したのが格安チケットだったため、事前の座席指定はできませんでした。
これはちょっと落ち着かないですが、仕方ないですね。
もちろん、搭乗24時間前以降は、オンラインチェックイン時に指定は可能です。

チャイナエアライン
尾翼の桜?が可愛いですねー。

機内はいたって普通のエアバスという感じでしたが、日本語アナウンス&日本人CAさんも複数いて安心感はありました。
この路線はきっと日本人御用達なんだな。

台北までは3時間強ほどしかないので、離陸後のドリンクサービスとランチサーブが一緒になっていました;;

チャイナエアライン
地味に驚いたのは、機内食。
チキンライスとポークライスから選べたのでチキンを希望しましたが、
何となくシンガポール風のチキンライスを想像していたら、チキンカレーでした。

福神漬けがのっている……
最初はkanayの舌がおかしいだけでこれは台湾的なタレでは……と思いながら食べてましたが、
タレ(ルー)だけ食べたときにようやく確信w
機内食で日本風カレーが出てきたのは初めてです。でも日本のカレーはどこで食べても美味しい。
実は、この日kanayは軽く寝坊してしまって、朝食抜きで搭乗していたこともあり、
ほぼ完食できました!

チャイナエアライン
台北での乗り継ぎは降機後20分ほどで乗り継ぎゲートへ到着可能でした。
途中では簡単なセキュリティチェックがあるだけ。
2時間ほどトランジット時間があるので、軽く食べる、ショッピングする時間はありますよ。

そうして定刻を10分ほど過ぎたところで無事、ホーチミンに到着しました~♪

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村