ホーチミン旅行記(8)ホーチミンの空港からローカルバスで市内へ

ホーチミンのバス
ホーチミンでも空港から市内中心部に向かうローカルバス路線があります。
ハノイと同じですね。料金はハノイより1000ドン安かったですw
驚いたことに、空港出口から見た乗り場の方角もハノイとほぼ同じです。
空港を出たら、タクシーの待機レーンまで横断歩道を渡り、右手へ向かいましょう。

ホーチミンのバス
マイクロバスくらいの大きさのバスで、窓などに「152」と掲示されていたらそのバスがお目当てのバス。
乗って出発を待ちましょう。
注意して欲しいのが、バスが2台以上止まっている場合は手前にいるバス、つまり空港出口に近い方から発車です。
kanayは一番奥に止まっているバスに乗ってしまい、一本逃しました……。がくり。

もう一つ注意なのが、バスは 午前6時から午後6時までしか走っていないこと。
空港を出てくるのがこれ以降になってしまう場合は、やむなくタクシーで向かうか、
ホテルからのピックアップを頼んでおきましょう。

ちなみにkanayの783便はホーチミン着が16:50でした。
simカードも空港で買っておきたかったので少々焦りましたが、スーツケースが早めに出てきたこともあり、
何とか18:00前のバスには間に合いました!

ただ、バスに乗って待っていると、運転手さんらは特に時計を見ている風でもなく、
客が集まったら出発しようかーって流れのようだったので、多少遅れたくらいなら間に合うのかもしれません。

ホーチミンのバス
乗車して待っていると、運賃を払うように声をかけられるので払いましょう。
もちろんベトナム語ですが、バスで話しかけられたら料金の支払いだと思ってokです。
運賃はバスの外にこれもペンキなどで分かりやすく書いてあります。

kanayの時は5000ドンでした。
加えて大きな荷物がある場合は、追加料金が必要ですので、荷物の数×5000ドンを用意しておくといいです。
全くベトナム語は分かりませんが、kanayの時は、

運ちゃんが声をかけてくる。

kanayが運転席まで移動し10000ドン出す。運ちゃんが何か言う。

kanayがスーツケースを指差す。

運ちゃんが頷いて10000ドン受け取る。

と全てジェスチャーで問題ありませんでした。荷物分としてもう一人分必要だったと言うことですね-。
でも、個人的にはそろそろベトナム語覚えたいなぁ~とも思い始めています……。

バスの行き先は、バックパッカーエリアの中心、ベンタイン市場です。


デタム通りやファングーラオ通りに宿を取っている人はホテルの場所にもよりますが、徒歩数分でつけるかも。
観光客にはすごく便利な路線です。
どやどやっと欧米人バックパッカーたちが乗り込んできたところでkanayの乗ったバスは出発。

ホーチミンのバス
夕刻のホーチミン市内は大変な交通渋滞!
車窓越しに通りを撮ったのですが、道が全部バイクで埋まっています;;
午後6時前くらいの時間帯で約40分かかりました。

ホーチミンのバス
降りてみるととても活気のある市場ですね~。
でも周りには高層ビルもにょきにょきと建っていて、ハノイよりずいぶん近代的ですね。
やっとホーチミンに来た!って実感が湧いてきました。テンションが上がります~♪

にほんブログ村 旅行ブログ ベトナム旅行へ
にほんブログ村