モルディブ旅行記(5)初の中東系エアライン♪エティハド航空でモルディブへ

エティハド航空
今回の旅は、以前から楽しみにしていた、初の中東系エアライン搭乗の旅ともなりました♪
フライト時間が長いのが難点ですが、安いし、機内は快適だしで良かったです!
モルディブに行くには幾つかのルートがありますが、
主なルートはシンガポールや香港と行った東南アジアを経由するものです。
こちらのルートですと約10時間ほどのフライト時間で済みますし、関東在住だと羽田発も選びやすいので楽だと思います。

ただし、スリランカや中東を経由するルートと比べると価格は高く、
また(2016年1月現在)マーレでの前泊が必須となってしまいます。
結果として日本を発ってから、リゾートへ到着するまでの時間は1日以上かかることに。

エティハド航空

ドバイやアブダビ、ドーハといった中東を経由するフライトは、上記のルートと比べるとだいたい数万安いようでした。
なぜなら中継地であるこれらの都市に飛んでいくまでが、約12時間・・・・・・。
ヨーロッパ行きと変わりませんね;;
そこからモルディブまで、また約4時間乗らなければなりませんw
でも夜便を利用すれば、機内で寝ている間に運ばれますし、翌日の昼頃にマーレ空港に到着。前泊せずリゾートに入れるのです。

長いフライトが苦手なkanayでしたが、中東系のエアラインは何だか違うらしい!と小耳に挟み、乗る機会を待ち続けていましたw
日本就航時に比べたらサービスが落ちた、なんて話も聞きますが、乗ってみたら、
主に設備面で、これまで乗ってきたエアラインとはやっぱり一線を画しているなぁ~という印象を持ちましたよ♪

エティハド航空
http://www.etihad.com/ja-jp/

エティハド航空

あと、ビジネス席が埋まらなかった場合は搭乗前日までしつこく?アップデートオファーが届いていました
(公式サイトからの予約者向け)。
オークション形式になるようですが、実質は片道ずつ切り分けでき、
たった10万弱追加するだけでビジネスへの事前アップグレードが可能です。

すっごくお得だなぁ~♪と思ったので、(会社のお金で・・・・・・)たまにビジネス経験しているkanayと違って、未だ未体験のねこ氏に
「ちょっと乗ってみる?」と聞いてみたくらいです。でも、

「乗ったらすぐ寝られるからそんなお金払いたくない」

とのことでした;;
そこでエコノミークラスの予約のままとしたのですが、長距離苦手なkanayの希望で足下の広いバルクヘッド席を指定。
これがkanay的にはすごく良い選択でした♪
指定料が別途10000円/人ほどかかるのですが、前もって指定できるので、
オンラインチェックイン開始時の争い(w)にも参加せずに済みました♪
乗ってみたら前にクルー席がない場所で、前席のテーブルも使えて、すごーく快適だったなぁ。

エティハド航空

kanayたちは中継地のアブダビでも数日観光したのですが、
何だか「こまめにお金を払うならその分ちゃんとサービスしますよ」みたいなやり方が中東では多かった気がしますw

エティハド航空

エティハド航空はとにかく搭乗開始時間が早く、1時間前
実際はそれより早く始まることも数回あって・・・・・・定時出発に命をかけているんでしょうか?
でも、搭乗が完了したところで動き出すのはちゃっかり出発予定時刻で、機内でそれなりに待ちましたけどね・・・・・。

また、全ての搭乗が沖止めで、バスにのる必要があったのはちょっぴり不便を感じました;;

感心したその1。
エティハド航空
エコノミーなのにアメニティがあるとは聞いていましたが、kanayたちの便ではポーチでなく巾着袋に入ってました。
内容は耳栓、靴下、歯磨きセット、アイマスク。
ヘッドフォンが立派でつけやすく(いつもは耳が痛くなるのでつけない)
機内エンタメの充実度もあって、これまでになく利用しました。

エティハド航空


感心したその2。
エティハド航空
ネックピローになる枕(奥。手前は毛布です)。
このままだとドーナツクッションですが、真ん中に入っている切り取り線に沿って切り分けると、ボリューム満点のネックピローに。
はじめてエコノミーでややぐっすり眠れたのは、このちょっぴり贅沢なネックピローのせいかも知れません。

感心したその3。
先ほど言いましたが機内エンタメ(映画や音楽)が最新!
普段は触れることのない中東ヒットチャートっぽい音楽もあり、興味津々で聴いてみました。
いろいろな飛行機に乗っていると、「これ数年前に見たよー」なラインナップも多い中・・・・・・;;
日本未公開のものも結構あって、いろいろ楽しめましたー。
ただし日本語訳がついているものはほとんどありません・・・・・・。小難しい映画は見てもよく分からないかも;;

感心したその4。
エティハド航空
成田発のEY871便では、夕食と朝食が出るのですが、エコノミーでも献立がちゃんと事前に配られます。
カトラリーがちゃんとスチール製なことも、食後のコーヒーに添えられたミルクがリキッドなのも、
それぞれは小さいことですが無意識に満足を感じるのかも。
エティハド航空

エティハド航空
そしてねこ氏と、朝食に汁椀にはいったお味噌汁が登場したことに感動~♪
ちゃんとお湯を注いだ状態で出してくれて、そりゃもちろんインスタントですけど、
起き抜けに中東上空で飲むお味噌汁はとても美味しかったです。

kanayは普通でしたが、ねこ氏が我が家の旅行史上初の全区間機内食完食を達成~。
帰りの和食で出たにぎり寿司が、ボール状に固められていたのには笑ってましたがw
相当口に合ったのでしょうね。

感心したその5。
機内Wifi、フライト中使い放題(24時間)で20ドル強。
昼間のフライトだったら、多分仕事したと思いますw


他のエアラインだとデザートを配ってくれたり、機内後方でカップ麺をくれたりするところもありますよね。
そういうのはなかったし、CAさんのサービス的には普通かなと思いますが、とにかく機内設備に満足でした。

ほぼ寝ていたので、気づかずに終わったサービスもあるかも知れません。
でも12時間寝られなかったら地獄だーどうしようーと不安だったkanayには、
初めてちゃんと寝られたのが何より嬉しかったし、それは機内で快適に過ごせたからだと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ モルディブ旅行へ
にほんブログ村