楽ちん♪グアム旅行(1)準備と航空券

グアム旅行の写真

グアムはハワイと並んで人気のビーチリゾートですよね。

なぜか僻地に行くことが多いkanay、気がつけばまだ行ったことがなく…(汗
イイ年になって初めて行ってまいりました!

グアムは一言でいうと「とっても楽ちん」!
他の海外で必要な注意は要りません…などと建前上は言えませんが、
個人的にはそれに近い感覚で過ごすことができました。

小さなお子様連れやお年寄りの方でもストレスなく滞在できると思います♪

■旅行期間

2009年7月19日~22日

グアムは6~10月が雨季とされてるようですが、雨季といっても一日中降るわけではなく
スコールのことを言うようです。
kanayたちも滞在中は1~2回のスコールに見舞われただけでした。
なので、基本的には年中楽しめるビーチリゾートと言えると思います。
時差もたった、-1時間。

日差しはすっごく強いので、日焼け止め関連グッズは忘れないように!



■航空券とホテル

グアムくらいにメジャーな旅行先であれば、航空券とホテルを別々に取るよりも
パッケージ旅行のフリープランを予約してしまうことをkanayはオススメします。

(グアムでなくても)一般的に、別々で取るより安くつきますし…
グアムにはそんなに多くのホテルがあるわけではありません(数十ほど)ので、
目的のホテルが組み込まれたツアーもたいてい探すことができると思います。




また、ツアーだと、フライトが指定できなかったりするのがkanayはイヤなのですが、
グアムだとたった3時間半のフライトなので、エアラインもどこでもいいや、と思いまして…


参考までに、kanayたちは○ISのフリープランを利用しました。
ツアーで申し込むと、旅行会社によって色々特典がつくのもいいですよね。
○ISではホテルまでの送迎(混載ですが)と、
町を走るトロリーバスの滞在中フリーパスがもらえましたよ♪
あと、オーシャンジェットクラブの半日入場チケットも。

グアム旅行の写真

グアム空港からメインエリアのタモンまではすごく近いです。
kanayたちはタモン地区にホテルを取りましたが、空港から車で10分ほどだと思いますから、
タクシーを使ってもそう高くならないと思います。
(kanayたちの場合は混載バスでいろいろ他のホテルにも寄ったので、実際はもっとかかりましたが)
グアムのマップはこちら


■グアムへ持って行くと良いもの

・スーツケースの鍵はTSAロックにしておく
忘れずに!グアムはアメリカ領なので、スーツケースのチェックが厳しいです。
その際に、TSAロック以外の鍵をかけておくと、鍵を壊されて中をチェックされる可能性があります。
TSAロックだと、壊さずに開錠してもらえるそうです。

・チップ用の小銭$
ホテルやレストラン等で渡す&置くための小額紙幣を用意しておくといいと思います。
kanayはホテルでは一日1$、レストランでは10%程度を置いていました。

・海外用の電源アダプターは要りません
日本のコンセント(Aタイプ)が入るタイプなので。
でも電圧は違う(120v)なので、電圧の変換は必要です。(最近のデジカメやPCは問題ないですね)

・ストールや薄い長袖の上着
グアムもご多分に漏れず…どうして海外はあんなに冷房がきついんでしょうか?
肩を出してショッピングモールを歩いてると冷え性のkanayは寒気がしてきました;;

・日焼け止めグッズ各種
サングラス、日傘、日焼け止めクリーム、帽子など。
カンボジアほどではありませんが、日本のビーチに行くときと同じ装備は持ってきましょう!

・日用品はスーパーで揃います
もちろん海外製なので、合う合わないはあると思いますが、
旅行で必要な日用品はたいていグアムでも売ってます。ので、ちょっとしたものは忘れても大丈夫!

・シャトルバスのフリーパス
これは、現地に着いたら早めに手に入れておいて欲しいものとして。
グアムは大きい島ではないのですが…どうも、店やビーチやホテルのあるエリアが
徒歩では微妙に厳しい散らばり方なので、バスを使う場面が多くなると思います。
各ホテルのフロント等で販売しています。
kanayたちももちろん使いました(ツアー特典だったのですが、ありがたかったです♪)





にほんブログ村 旅行ブログ グアム旅行へ
にほんブログ村