北京出張と一日観光(8)北京の地下鉄

北京の街
kanayは北京市内の観光には地下鉄を使いました。

他にもバスやタクシーなど、日本と同じ公共交通機関はありますが、
バスは路線図の読み方が難しいらしいのと、タクシーは中国語が分かる人でないと
細かい指示ができないので、kanay的にはおすすめしません。
それから北京は今、交通渋滞がひどいです…

北京の地下鉄なら、郊外でなければ料金は一律2元なのと、
(タクシーは確か初乗りが10元ほどだったと記憶してます。)
運転間隔が5~10分ほどなので、待ち時間もそんなに発生しないのが良いところ。

案内図が絵や英語でしてあるので、初めてでも利用しやすいのと、
最近整備されたようで、ホームが綺麗で広いのも○。

ただし…

北京地下鉄マップ

ここで見られますが、観光客がメインで使うであろう1号線、2号線は、
地元の方もよく使うので、軽いラッシュ時ほど混んでます。

■地下鉄の切符の買い方

切符を買うのに日本人は苦労するかも。
(そのせいで、写真を撮るどころではありませんでした…)

とにかくあちらの方は並びません。
kanayは、今まさにお金をコイン投入口に入れようとしたタイミングで
お金を横から突っ込まれてしまいました…

券売機はどれも列ならぬ人だかり…

並んでいるといつまでたっても買えないので、
自分も同じレベルで行動するしかないのです(涙

北京地下鉄は、最初に切符を購入すると、その分がチャージされた
プリペイドカードが出てきます。
なるべく券売機に寄らずに済むよう、
最初にお金を多めにチャージしておくのもいいかもしれません。

買い方は、地下鉄の路線図が画面に出ているので、
行きたい駅をタッチするだけ。

「○元」と料金が表示されるので、その額を入れるだけです。
簡単ですね!

ただし、硬貨1,2,5元くらいまでのものしか使えないので、
小銭を用意して置いてくださいね。

■地下鉄の乗り方

改札を入ると、矢印などのサインに沿って、ホームへは簡単につけます。
地下鉄に乗るときも、降りる人が先、というルールがありません。
当然、混んでいると入り口付近で押し合いへし合いが発生します。

スリには気をつけてください。

kanay的には地下鉄はとてもオススメの交通手段です。
でも小さいお子様連れの方や、あくまで快適さを求める方は
考えてみてくださいね。

地下鉄の駅と駅の間は、それぞれ2~3分です。

■ゲートの入り方、出方

そのカードを、改札機にかざすと、ゲートが開きます。
イコカやスイカと同じです。


メモ:北京の交通事情について

kanayが出張時に中国スタッフから聞いた話では、
2011年2月現在、北京は通勤者の激増によって深刻な交通渋滞が発生していて、
当局が新規ナンバープレートの発行をかなり制限しているほどだそうです。

実際に金曜の夜、接待のあとで中国スタッフにタクシーを捕まえて貰ったのですが
30分ほど寒空の中、手を上げ続けたでしょうか…

「普通はこの時間だと1時間は(捕まえるのに)かかるよ」

と言われびっくりしました。
目の前にバス停があったのですが、東京のラッシュ時も真っ青な混み具合でしたし…
(もう乗れないくらい乗っているのに外から体当たり…)