チェンマイ旅行記(19)人気のプチホテル「Thongran's House」に滞在する(前)

Thongran's House
チェンマイでは合計3泊したのですが、うち2泊は申し込んだツアーで決められたホテル。
たった一泊での移動は手間を考えて普通はやらないのですが……。
今回は、最後くらい好きなところに泊まりたい!と思い、移動しました。
一般的にチェンマイ観光をするなら、旧市街にあるホテルを選んだ方が
徒歩で回れる観光スポットやレストランが多いのでお勧めです♪

ワット・アルン
kanayが選んだのは、チェンマイの象徴とも言える観光スポット「ワット・チェディルアン」から徒歩2分のところにある
小さなプチホテル「Thoungran's House」


半年以上前に予約を入れたのに、お祭り前後というのもあったのでしょうが、あと一部屋しか残っていませんでした;;
ほんと、予約を入れられたのがラッキーです♪

全部で10部屋以下の小さなお宿なので、すぐ埋まってしまうのかもしれません。

Thongran's House
「ワット・アルン」のすぐそばなのですが、大きな道路に面しているわけではなく、路地を引っ込んだところにあります。
なのでちょっと見つけづらいかも;;
路地の入り口にオレンジ色の看板があるので、それを目印にして下さいね。

Thongran's House
細い路地を進むと、アットホームな空間が広がります♪
幸せそうなおじいちゃん&おばあちゃんの像が目を惹きます♪

このホテルは、今はお孫さんの女性が切り盛りしています。
宿は、像になっている彼女の祖父母が始めたのだそうです!

Thongran's House
小さいですが整頓されたフロントエリア。
キッズエリアがすごく充実していて、家族でも利用しやすいホテルです。
また、スタッフの皆さんがとても親切。
英語はお孫さんの女性しか分からないのですが、
他のスタッフも身振り手振りで要件を伝えたら、笑顔でベストを尽くしてくれます。

Thongran's House
旧市街のど真ん中にあるし、路地の奥で静かだし、これは確かに居心地がいいだろうなぁ……。
チェックインしたらすぐにそんな雰囲気が感じ取れます。
写真で少しでも伝われば良いのですが;;

Thongran's House
アットホームですが、インテリアもさぼっていません!
部屋のデザインも一つずつ違っていてどれもお洒落!
設備面で目をつぶるところもありません。
(敢えて言うならエレベーターがないことですが、この大きさで、しかも二階建てですからね)

静かなプチホテル好きにはぜひお勧めしたいホテルです!

宿泊者は新しい自転車が一日50バーツで借りられたのも良かった。
チェンマイの町は平坦なので、一方通行にさえ気をつければ走り回れますよ。
kanayも観光にめいっぱい使いました♪


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村