チェンマイ旅行記(20)人気のプチホテル「Thongran's House」に滞在する(後)

Thoungran's House
チェンマイで滞在したプチホテルThoungran's Houseは、思わず長期滞在したくなるような居心地の良さでした♪


「Thoungran's House」は二階建てで部屋数も10室以下の小さなホテルです。
kanayが案内されたのは203号室のスーペリアタイプ。
階段を上がってすぐのお部屋です。

Thoungran's House
部屋はスタンダード(16平方メートル)とスーペリア(20平方メートル)に別れていて、後者のほうがやや広いようです。

Thoungran's House
20平方メートルって、ワンルームほどの大きさだと思うのですが…
どう見てもそれより広く感じましたねー。
多分リビング・ベッドルームエリアだけの控えめな申告なのでは……と思いました。
これで宿泊費が一泊5000円弱というのですから……人気が出るわけですね~。

建物も含め、新しいかと言われればNOです;;
が、清掃が行き届いていて気になりませんでした。

大人二人であれば快適に過ごせると思います♪
1泊だけのkanayには無理でしたが、
寝に帰るだけというのは勿体ない部屋ですよ。

Thoungran's House

Thoungran's House
スライドドアで仕切られたバスルーム。
残念ながらバスタブはありませんが、そのぶん広々していて使いやすいです。
シャワーがシンクにかかることはないでしょう。
シャワーの給湯器は使い方が分かりづらいので、お部屋に案内されたときに聞いておくことをお勧めしますー。

Thoungran's House
そして……アメニティは高級ホテル並みに揃っています!
(歯ブラシ有り)

Thongran's House
ベッドの奥に見えていますが、収納スペースもたっぷりあります。

部屋のインテリアはそれぞれ違います。
kanayの部屋には錦鯉の大きな壁掛けがあるなど、
洋室なのにアジアテイストがあちこちにちりばめられています♪

Thoungran's House
家具もさりげないお洒落さで女性には嬉しい!

Thoungran's House
kanayが持って帰りたいほど気に入ったティッシュ入れw
これもお洒落なチェストの上に置かれていたんですが、
気をくりぬいて作ってあるんです。可愛い!

チェンマイを含め、タイはお店の朝が早いので、
朝食は町で取っても良いでしょう♪
kanayは残念ながら翌朝早めの出立だったので
ここで取りました。

Thoungran's House
ビュッフェでこそなく、どちらかと言えばシンプルな献立ですが
メニューは幾つかバリエーションがあって選べます。

Thongran's House
本当なら、日当たりの良い二階のテラスで取れるそうですが、
残念ながらkanayが宿泊した日の夜に大雨が降り……
1階で取ることになってしまいました;;


そうそう、前夜は、イーペン祭の後夜祭?的なイベントが
チェンマイ市内であり、その帰りに恐ろしいスコールがあったのでした。

次の記事で紹介しますね~。

本当に、イーペンランナー・インターナショナル翌日に
帰ってしまうのは勿体ないですよ!
前夜・後夜含めて三泊するのがお勧めです!


にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村