バルセロナ旅行記(12)ポケリア市場から徒歩2分♪由緒あるホテル「Hotel 1898」に滞在(後)

H1898
とっても落ち着けるクラシックホテル「Hotel 1898」は、バルセロナにある他のクラシックホテルと同様に、内装はフルリノベーションされていて快適に滞在できました。
H1898
kanayが滞在したのは「Pribredge」というグレードで、大人二名がゆったり過ごせる広さ(40平方メートル)ありました。
ダブルベッド、デスク、リビングデスク&チェア、クローゼットのあるベッドルームと、仕切られたバスルームエリアに別れています。

H1898
クローゼットは広々♪
ポットはもちろん、コーヒー&紅茶も十分にストックがあります。

h1898
この青瓶入りのミネラルウォーターも無料サービス。これがなんとも美味しくて。
徒歩3分ほどのところにあるカルフールで買ってきたカルフールブランドの水がふと薬っぽく感じるくらい;;
初日に歯磨きでほぼ使ってしまったのが悔やまれ、翌日以降はカルフールのと使い分けてましたw
(エルコンテイングレスなどで売っていましたが、瓶なので部屋へ持ち帰るのはちょっとしんどいですね)

H1898
そうそう、コーヒーなどと一緒にホットチョコレートのインスタントもあって、
これがターンダウンの時に持ってきてくれるチョコと同じ「Xaviermor」というブランドでした。
聞いたことがなかったのですが、これまた甘くて美味しくて完飲♪
絶対買って帰ろうと思っていたので、お店の場所を聞き忘れちゃいました;;

ポケリア
周囲にポケリア市場や有名バー、レストランがひしめいていたので朝食をこのホテルで取ることはなかったのですが、取っていたら多分また感動していたと思います♪
(価格が28ユーロとなかなかのものですが;;、ルームサービスだと14ユーロでシンプルな朝食が選べたようです)

H1898
その代わり、フルーツがとっても安かったバルセロナ。
山盛りカットフルーツが1ユーロだなんて、日本では無いですよね!
お陰様で、旅先ではどうしても野菜不足になりがちですが、果物系はバッチリ摂取していました♪

だからなのか、ホテルからのウェルカムフルーツも太っ腹な内容でしたw

H1898
ゲストは無料WiFiが使えます。
今回、滞在中はこのWiFiを使用していましたが、メールチェックやネットサーフィン等でしたらストレス無く使えました。
ログイン情報はカードキーと一緒に渡されます。

H1898
アメニティについて。
アメニティはフル完備でしたが、フェイスタオルと「コンディショナー」だけ無かったのがちょっと気になりました;;
後者はたまに他の高級ホテルでも経験があるんですけど、海外の人は使わないのでしょうかね~?

H1898
バスルームは洗面台が入り口に有り、さらにそこから進んだエリアにトイレ、バスタブ、シャワーがガラスで仕切られた形でついています。
シャワーカーテンがいらないのは楽だったですね~。
どっちもピカピカに毎日掃除されていて快適でした。
お湯の出も問題なかったですが、kanayは毎日早めにシャワーを浴びていたので(午後7時前後)、みんながシャワーを使い始めるとどうだったかは「?」です。

今回の旅でバルセロナ(スペイン)はとても気に入ったので、多分また来ると思いますが、
そのときにはまた滞在したいと素直に思える良いホテルでした。


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村