バルセロナ旅行記(25)ひっそりと。カサ・ミラ付近に点在するモデルニスモ建築たち♪

La Casa Comalat
ランチ後はバスで世界遺産「カサ・ミラ」の見学をするためにバスで移動。
「カサ・ミラ」はサグラダ・ファミリアに次ぐバルセロナの人気観光スポットでいつも人がいっぱいですが、
ほんの5分ほど離れた場所に、同じく歴史あるモデルニスモ建築があるのをご存じですか?
バルセロナ全体で見るとまだまだあるのですが、
「カサ・ミラ」付近ではこの2軒です。

・La Casa Comalat
http://www.barcelonaturisme.com/wv3/en/page/1155/casa-comalat.html



・Palau Baro de Quadras
http://www.llull.cat/monografics/palaubaroquadras/english/index.cfm



La Casa Comalat
「La Casa Comalat」はガウディの影響を受けたモデルニスモ建築家、サルバドール・バレッリによる建築です。
いかにもガウディらしい(と言えばこの人に失礼かな?)玄関部分が目を惹きました。

La Casa Comalat
近寄ってみましたがオフィス?として使われているような感じで、観光目的ではいることは出来なさそうでした;;

La Casa Comalat
あまりにも普通のビルとして佇んでいるので確証が持てなかったのですが、
玄関の右脇に、ちゃんとプレートがはまっていることを確認して安心♪
内側が見たかったなぁ。
お客さんの振りして入れば良かったかな??

La Casa Comalat
「Palau Baro de Quadras」は毎週水曜・土曜なら入場が可能だそうです。
kanayの訪問時は外れていたので残念;;
料金は14ユーロです。

でも、外側から見るだけでもこの建物は面白いです。
ディアグナル通りとルセリョ通りに挟まれた形で建っているのですが、
それぞれの通りから見たデザインが全然異なっています。

La Casa Comalat
「あれ?これ、さっきの通りから見た建物と同じだっけ……?」
と見る人を混乱させますw

ディアグナル通りから見るとヨーロッパ風デザイン、
ルセリョ通りから見るとモデルニスモ風デザインになっています。

もし「カサ・ミラ」を予約していて、
その前にちょっと時間が出来てしまったら見学はいかがでしょうか?

どっちも回っても(入場無しで)20-30分もあれば
カサ・ミラ前に戻って来れますよ。

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村