バルセロナ旅行記(26)波打つ外観がユニークな世界遺産「カサ・ミラ(La Pedrera)」へ

カサ・ミラ
「カサ・ミラ」は観光客が行きやすいグラシア通りに面して建っているガウディ設計のマンションです♪
現在もマンションとして稼働していて、しかも世界遺産なんだとか……
住んでいる方たちにとってはさぞや煩い日常だと思いますが、大丈夫なんでしょうか;;
地下鉄の最寄り駅はディアグナル駅。200m弱ずれたところに止まります。
リセウ駅からだとL3に乗れば乗り換え無しに到着できますよ。

グラシア通りに面していることと、ものすごく奇抜な外観と、下に観光客が群がっていることで見落とすことはないでしょう;;



カサ・ミラ 公式サイト
https://www.lapedrera.com/en/home

サイト名が違うじゃん!と焦ってしまうかも知れませんが
「カサ・ミラ」はスペイン語で「La Pedrera(ラ・ペドレラ)」と言いますので、合っていますよ♪
ここからチケットも予約できます。(22ユーロ)

kanayは特に予約はしませんでした。当日、チケット購入に5分並び、そこから入場まで10分ほど待ちました。(10月末)
個人的には十分許容範囲でした。
ここでも日本語のオーディオガイドが無料で(入場料に込み)で借りられます。

「入場まで」はエレベーターに乗るまで、という意味です。
チケットを購入したら、「カサ・ミラ」の内部にすぐ入るのですが、順路が屋上からになっているので
エレベーター待ちをしなくてはならないんです;;

カサ・ミラ
正面玄関の素敵な装飾♪
「カサ・ミラ」は全体的にウネウネ(?)した曲線が見どころですが、その玄関としてふさわしいですね~。
(ちなみに正面玄関は一日いつでも出入り自由なプレミアチケットの入場口です)

カサ・ミラ
中庭を通ってエレベーター前へ。
ウネウネした外観と違って、ヴィンテージ感いっぱいのオシャレマンションそのものです!
ちなみに当時は奇抜すぎるデザインでなかなか借り手がつかなかったそう……。

カサ・ミラ
世界遺産の肩書きもある今なら、入居したい人はたくさんいそうですね!
それに跡で述べますが、内部は意外に?奇をてらわない素敵なインテリアでした。

カサミラ
いきなり辿り着いたのは屋上♪
ウネウネ感がはんぱないw
中庭があるのでドーナツ状になった屋上には、いろいろな形の煙突やオブジェがあって、じっくり見ながら回ると10分ほどかかりました。

カサ・ミラ
どう見ても人の頭ですw (ローマの兵士らしい、なぜ?)
アイスクリームみたいな形も!

カサ・ミラ
間からサグラダ・ファミリアが見える!というトンネルがあるのですが、かなり遠い眺めでした;;

カサ・ミラ
そこから1階ずつ降りて内部を鑑賞するルートになっていました。
「カサ・ミラ」の屋根裏に当たる部分をまずはぐるりと歩きます。
ここも何だか不思議な天井……。
ガウディは強度を持たせるため、船体の曲線を参考にしたとかで、決してデザイン優先での設計では無かったようです。
ここにはサグラダ・ファミリアを含むガウディ建築の模型がたくさん展示してありましたー。

カサ・ミラ
その下がいよいよ居住スペースです。
派手ではありませんが、細かい部分の装飾に次々と目がとまりました!
床のタイル。

カサ・ミラ
廊下の照明♪

カサ・ミラ
これ、メイドさんの部屋ですって……。
シンプルだけど快適そう♪今、日本で流行の○ニマリストのお部屋です!って言っても通りそうですねw

カサ・ミラ
こちらはご主人様側?のスペース。
空間の取り方や、家具の造りがメイド部屋とは全然違いました。さすがにゴージャスです。
リビングは特に人気で、欧米人の観光客は長い間足を止めていました。
アジアだと、リビングってそんなに重要ではなさそうですが、欧米だと「こんな居間で過ごしてみたい♪」感が強いのかも。


カサ・ミラは居住スペース内に小さいギフトショップ、1Fに入場券無しでも入れるギフトショップがあります。
前者のほうがいわゆる「観光地のお土産です!」感がない、上品なお土産が多かった気がします。
出てしまったらもう買えないので、ばらまきでないお土産をお探しの方はチェックを忘れずに。


にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村