バルセロナ旅行記(27)ガウディ的な海の家は上品で華やか♪世界遺産「カサ・バトリョ」

カサ・バトリョ
前回の記事で訪問した「カサ・ミラ」から南東に歩いて10分ほど、同じくグラシア通りに面する「カサ・バトリョ」も、ガウディが設計した世界遺産です。
近くにあるので、セットで観光してしまうと良いと思います♪
カサ・バトリョ
https://www.casabatllo.es/en/



こちらもチケットで入場時間の予約が出来ます。(23.5ユーロ)
カサ・ミラの観光所要時間は1時間ほど見ておけば良いと思うので、予約するとしたら1.5時間後を目安にするといいかも。
(逆にカサ・バトリョからまわる場合も、カサ・ミラの予約は1.5時間後が目安になると思います)

kanayはここも予約無しで訪れましたが、チケット購入に10分ほど待ったくらいでした。(10月末)

カサ・バトリョ
近くにあるため、ツアーで行ったとしても、どちらも見学する場合が多いと思いますが、
もしどちらか選べと言われたら個人的にはカサ・バトリョを推します♪
それくらい内側が美しいです!

カサ・バトリョはチケットの種類がやたらに豊富で、面白いなぁ&日本人にお勧めかなと思ったのが、
(本当の意味で)朝イチに入れるチケット「Be First!」。
10人限定で、少ーしだけ朝早く入れて貰えます。

Be First! (36ユーロ)
https://tickets.casabatllo.es/site/CasaBatllo/product/344-casa-batllo-be-the-first/type/

カサ・バトリョ
kanayの写真を見てお分かりのように……カサ・バトリョに限らず、人気の世界遺産運んでいて、どうしても人の頭ばかりファインダーに入ってきてしまうのです;;
日本人って、人が入らないアングルで撮影するのがすごく好きですよねw
どうしても他の観光客に邪魔されないアングルで写真を撮りたい人には、少し高くつきますがオススメです!

余談ですが、日本人以外の観光客はとにかく自撮りが好きな印象じゃないですか?
あまり、他人が入るかどうかは気にしていないような……。
でもって、なぜかジャンプしながら撮ってみたりしてません?これもお国柄かな?不思議~w

カサ・バトリョ

カサ・バトリョ
さて、カサ・バトリョはカサ・ミラと違い、1階から少しずつ上へ上がっていく順路です。
階段は大きな吹き抜けになっていて、一面、青いタイルで美しく装飾されています。
カサ・バトリョの見どころの一つですね♪

ガウディは個人宅としてこの建物を設計したそうですが、海をイメージしただけあって、家全体が青っぽい色合いで造られています。
タイルを貼ることでそれがキラキラ光るため、とっても美しいです!
美しく見えるよう、貼る場所によって微妙に色を変えてあるそう。
サグラダ・ファミリアの作り込みを見ているから、納得です♪

バルセロナ旅行記(22)圧巻の眺めにウットリ!サグラダ・ファミリア入場
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-464.html

カサ・バトリョ
部屋そのものは、どちらかというと温かみのある色合いが多かったのですが、ガウディ節?は健在。

カサ・バトリョ
天井の照明に、

カサ・バトリョ
意地でも直線は入れない部屋の形!(家具を置くとき困りそうですね……)

カサ・バトリョ
なぜかキノコ型の暖炉……。

カサ・ミラと違ってステンドグラスがすごく多かったのも、海中をイメージすると光がとっても大切だからでしょうか?

カサ・バトリョ
カサ・バトリョでもオーディオガイドは完備だったのですが、コントロール端末がスマホになっていて、VR機能が搭載されていました。
指定の場所に端末のカメラを向けると、説明を聞きながら楽しいイメージ映像を鑑賞できます。
スゴイ!

この建物自体は、マンションであるカサ・ミラよりかなり小さいのですが、ガイドに見入ってしまうので、なかなか先へ進めませんw
結果として同じくらい見学時間を取られることになりました。

カサ・バトリョ
最後に辿り着いた屋上は、可愛らしい煙突にタイル張りのオブジェ……やっぱりガウディ・ワールド♪
何となーく、見慣れてきましたw

カサ・バトリョ

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村