バルセロナ旅行記(37)郊外のワイナリー「Codorniu」のツアーに参加♪(後編)

Codorniu
ほぼ時間ピッタリにガイドさん(恰幅の良いおじさん)が現れて、最初に短いムービー(イメージ映像?)を見せられます。
その後、建物の表へ。
アミューズメントパークでよく見かける、トロリーに乗り込んでツアー開始です!
Codorniu

ワイナリー「Codorniu」のツアー予約や行き方については、前回の記事を参照くださいね。

バルセロナ旅行記(36)郊外のワイナリー「Codorniu」のツアーに参加♪
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-478.html

Codorniu
コドルニュウ家の素敵なお屋敷を抜けて……(今は住んでいないかな?)
10分ほど走って、モデルニスモ建築である初期のワイン加工棟へ到着しました。
アーチがお洒落な、工場とは思えない建物です♪

Codorniu

Codorniu
手前のでっかい椰子の実みたいなオブジェは、昔使われていたサイズのワイン容器です。
底が尖っていて自立できないのは、船倉にスタックして運ぶにはこの形の方が効率よく、安定するからなんだそうですよ。

Codorniu
ガウディの同志であった建築家Josep Puigが手がけた工場は、現在は展示エリアとして活用されていました。

「Codorniu」のカヴァは現在、全て機械で加工されていて一日何千本と精算されていますが、
450年もの歴史を遡れば、昔は全て人力でカヴァを生産していたとのこと。
重い樽を運んだり、一日中ブドウを搾ったり……聞いているだけで気が遠くなる重労働だったようです;;

Codorniu
これは最古の樽。
赤ワインがたっぷり染みこんでいます!

Codorniu
これは使用するブドウの種類によって、香りが全く違うことを体験できる装置。
シャルドネとか、カベルネとか、今までは読み流していたけれど、今度からはちゃんと香りを楽しんでみようと思いました。

Codorniu
「MACABEU」はCodorniuで使われているブドウの種類だそうですが、これはまるで香水のような良い香りがしてびっくり!

Codorniu
続いて地下のワインセラーへ。
エレベーターで降り、そこで別のトロリーに乗り換えます。

Codorniu
ワインセラーにはそれぞれ名前がつけられていて「TOKYO」もありました。
なんだか名誉な気分です♪

Codorniu
トロリーで、広い広いワインセラーを走り抜けます!
おじさんが茶目っ気を出して、カーブを軽くドリフトで走ってくれて、みんな大騒ぎ♪
ここには寝かされたワインたちがたくさん保管されていて、現役で稼働しているとのことでした。

がらんとしていますが、それはこの日がお休みだからだそうです。

Codorniu
そして最後に……。

Codorniu
お待ちかねの(!?)試飲コーナーへ!
試飲は毎日銘柄が変わるそうですが、この日は写真の2本を飲ませていただきました。
ビスケットも振る舞われるのでお酒が進みます♪
酔いも手伝って、参加者の皆さんとの話も弾みました。

Codorniu
試飲が終わったら、ショップへ立ち寄ってツアーはおしまい。
kanayは試飲したロゼワインを記念に購入しました!
カード決済可能です。

ワインはもちろん、「Codorniu」のグッズもいろいろ売られていて、
それなりに見応えがありました。
ワインともかく、グッズはここ限定なので、これもお土産に良いかもしれませんね。

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村