バルセロナ旅行記(37)グラシア通りのアパートメント「Gracia Bas Apartments」に滞在

Gracia Bas Apartments
ワイナリーツアーを終えてバルセロナに戻ったら、旅の後半にお邪魔するアパートメントへタクシーでお引っ越し。
バルセロナにはアパートメントタイプのお部屋もたくさんあって、ホテルに比べてリーズナブルな価格でキッチンが使えます。
Gracia Bas Apartments

アパートメントも人気のところは高級ホテルと変わらない価格になります;;
「Gracia Bas Apartments」に決めたのは、

・広さ(40平方メートル以上)
・近くに市場あり
・洗濯機あり(これが意外に無いところも多い)

の割に、一泊1万円ほどとリーズナブルだったためです♪

ただし、ここに限らずバルセロナのアパートメントに対するクチコミでよく見かけたトラブルが、

「管理人が常駐していない」

こと!

普通のアパートの空き部屋などを使って片手間に?運営されているところも多いみたいで、いつまで経ってもチェックインできず待たされた……なんて恐ろしいクチコミをいくつも見かけました。

きっとスペインの時間におおらかなお国柄もあるのでしょうが、ちょっと目をつぶれないアクシデントですよね;;

じつはkanayも甘く見ていて、到着時間をかなり絞って伝えていたにもかかわらず、建物は鍵がかかったまま……。

Gracia Bas Apartments
チェックインしてからも、スタッフの方には1回しか会わなかったです;;

管理人の電話番号は教えて貰っていたので、電話すれば良かったのですが、kanayはこれまでの海外旅行では不要あるいはホテルからの電話で済んでいたので、今回も「開いてるでしょう!」と持って行かなかったのですよね;;
スペインのアパートメント利用の際は、絶対電話が必要だとしみじみ思いました;;

幸い、15分ほど待っていると管理人の方が来てくれて、中に入ることが出来ました。
ほんとにラッキーでした……

Gracia Bas Apartments
チェックアウト時も、同じように外で待たされているカップルに遭遇;;
建物の中には入れてあげられましたが、管理人がいないので彼らは部屋には入れず。
あの後すぐに管理人が来たことを祈るしかありません。

Gracia Bas Apartments
さてさて、チェックインさえ乗り越えてしまえば、後は全て気楽なセルフサービス。
チェックアウトも、時間が来たら部屋の中に鍵を入れてロックアウトし、そのまま出てしまって良いよ~と言われましたw

もしチェックアウト時間までスーツケースを置いときたい場合は、入り口のロッカーを使うこともできます。
予めロッカーの鍵も部屋の鍵と一緒に渡してくれます。
滞在中は部屋、ロッカー、入り口の3種類の鍵を預かることになります。

アパートメントサービスなので、基本的にハウスキーピングは入りません。
4-5泊以上するのであれば入ってくれるのだったかな……これもチェックイン時に説明がありました。

Gracia Bas Apartments
kanayの部屋は、1階のスタジオルーム。
ステップフロアと言われている区切り方でキッチン、バスルーム、ベッド&リビングエリアに別れていました。
正直シティ滞在で、一人で40平方メートルは広すぎました;;
寝るとき以外は結局キッチンエリアで過ごしていたかも。

Gracia Bas Apartments

Gracia Bas Apartments
カップルあるいは小さなお子さん連れの三人でも十分な広さだと思います。

1Fなので窓は開けられませんでしたが、大抵出かけていたので、そこまで不便は感じず。
気になるほどの騒音もなかったです。

Gracia Bas Apartments
ネスプレッソがあったのは、すごーく嬉しかったですw
ミネラルウォーターも無料でした。

Gracia Bas Apartments
旅の前半で出た洗濯物をここで一気に片付け~♪
洗剤2回分も入れてくれていました。
日本から持って行ったのですが、使わずに済みました!

Gracia Bas Apartments
スーパーで食材を買って調理が出来るのは、やはり一人旅には有り難かったなぁ。
食器も豊富、電子レンジやフライパンが使えるだけで食生活がぐっと豊かになりますよね♪

Gracia Bas Apartments
ある日の朝食。
お粗末様でした。

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村