イタリア旅行記(2)聖地巡礼を楽しもう!イタリアゆかりの映画たち

イタリア映画
さて、イタリアの魅力を知るために、参考になりそうな本や映画をいろいろお取り寄せ~♪
行く前にこれだけ予習?した国は、イタリアが初めてだと思います;;
今回は映画編。
最近流行の「聖地巡礼」も面白いかと思って、イタリアが舞台の映画を何本か見てみました。
やってみて感じたのですが、これはかなりモチベーションUPしますね!
「あ、あの映画で○○が××したところだぁ~♪」ってのができるわけです。これはやってみようと思います!


「眺めのいい部屋(A Room with a View)」1986年公開

今回kanayが訪問予定のフィレンツェが前半の舞台となります♪
主人公のルーシーは旅行者という設定なので、あちこちの観光スポットで撮影が行われていて参考になりました!
さすが歴史のあるフィレンツェ、町並みはほとんど今と変わっていないみたいです。

後、評価が高く今でも活躍中の俳優・女優さんがたくさん出演しているので、それだけでも「見て良かった♪」になりました。
ハリー・ポッターシリーズでおなじみのマギー・スミスやヘレナ・ボナム=カーター、007のレギュラー(ご冥福をお祈りします)ジュディ・デンチ。
そしてそして、個人的に一番嬉しかったのが、超イケメン青年だったダニエル・デイ・ルイスも出ていたこと!!
(途中、素っ裸で泉に飛び込むシーンではドキドキ……!)

ジュディ・デンチ演じる、旅慣れた小説家とビープ神父のやり取りも、トラベラーとしては興味深かったです。
「旅行者は(ガイドブックに載っているところだけを)荷物みたいに運ばれていてかわいそうだ」
「町にはそれぞれ匂いがあるのよ、大きく深呼吸して!(フィレンツェの匂いを嗅いで!)」




「冷静と情熱のあいだ」2001年公開

うわぁ、もう15年も前の映画になってしまうのか~!と、ちょっとショックを受けたkanayですw
公開当時はすごく話題になりましたね!
最近はCMくらいでしか見かけない竹ノ内豊ですが、kanayの学生時代はトレンディドラマの常連でした。
エンヤのBGMもよく町に流れていたなぁ……。
ヒロイン、ずっと松たか子さんだと思っていましたw 香港の女優さんだったんですね。
ところでラストはドゥオモのてっぺんで良かったんじゃないだろうか……。

本題から逸れてしまいましたが、この映画もほとんど舞台がフィレンツェで、「眺めのいい部屋」よりもじっくりと町並みが撮られています。
結婚式やお店での買い物など、イタリアの文化も覗くことができたり。
メインの観光スポットはウフィッツィ美術館とドゥオモ、ポンテベッキオくらいだった気がしますが、二人が出会った場所など、映画ならではのスポットができているよう。
いくつか旅行記も読みましたが、この映画の聖地巡礼をされている方も何人か見かけました。
きっと通りかかったらkanayも思い出しちゃうんでしょうね。これは楽しいでしょう~♪




「インフェルノ」2016年

去年公開されたばかりの映画ですね!
kanayは「ダヴィンチ・コード」から何となく(?)観ていて、インフェルノは機内で鑑賞しました。
前半の舞台がフィレンツェで、トム・ハンクス演じるラングドン教授がその歴史知識を生かしてピンチを切り抜けていくストーリー。
例えば500人広間の天井には巨大な空間があってそこから逃げられるとか……観光スポットをトリビア的に楽しむことができます!

サスペンス・アクション映画なので追われる場面が多く、それぞれの観光スポットがじっくり映されていないのは仕方ないかなぁ。
実際、フィレンツェでは聖地巡礼ツアーが催行されているみたいです。これも楽しそう!




「天使と悪魔」2009年

「インフェルノ」の前作にあたる映画です。
今回改めて見直しました。ローマ、ヴァチカンが舞台で、やはりラングドン教授が謎解きのためにさまざまな観光スポットを訪れるので旅行者には参考になります!
(前回観たときは全くそんなこと気にしてなかったですが……)

現場でラングドン教授が蘊蓄を教えてくれるので聞いてて楽しいですね~。

ローマ教皇を選出するコンクラーベがテーマの一つになっているので、サン・ピエトロ大聖堂とシスティーナ礼拝堂はこれでもかと言うほどじっくり見られますw
撮影だから当たり前なのですが、全く人ごみがない状態で映されているので、羨ましくて、鑑賞しながらため息ついていましたw
もともとkanayは博物館の鑑賞には時間がかかる方なので、ウフィッツィ美術館だけで(精神的に)お腹いっぱいになってしまうのではないかと心配なのと、夏は非常に混むようなので疲れてしまわないかと、訪問をちょっとためらっています……。




「ローマの休日」1953年

知らない人はいない映画でしょう。
kanayも今回、見直してみたのですが、残念ながら旅行の参考にはあまりなりませんでしたので最後の紹介になっちゃいました;;
さすがに60年以上前の映画なので、白黒のローマの町は暗くて分かりづらい。
出かける場所も、(この映画のせいで)超有名な観光スポットばかりですしね~。
まだ見たことがないと言う方にはお勧めします。




※今回はローマ・フィレンツェを訪問するので、それ以外の都市が舞台のものは観ていません。
以上、参考にしてみて下さい~。

(この記事の画像はpixabay.comからお借りしました)


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村