イタリア旅行記(10)エティハド航空(EY7065)、アリタリアのビジネスクラス

アリタリア航空
アブダビで乗り換えてローマへ。
アリタリア航空の機材なので、おもてなしはアリタリア版?になります。

現在経営困難な状況にあるアリタリア航空……、イタリアを代表するエアラインなんですよね。
エティハドが出資して再建に取り組んできたそうですが、どうなるのでしょう;;


さて、アブダビ~ローマ間は6時間ほどの飛行で深夜~早朝にかけて向かうため、
離陸後すぐにほとんどの人が寝てしまいます。

アリタリア航空
ウェルカムドリンクの後、慌ただしく食事のチョイスを聞かれてサービスは終了。
チョイスといいますか、朝食の確認(選択なし)と好きな時間にオーダーできる軽食の確認でした。
あっさりしたサービスで、エティハドみたいに日本以上?を目指している感じでは、間違ってもありませんw

アリタリア航空
機内食は往路が朝食一択(+いつでも軽食)でしたがこれはとても美味しかったです♪
量的に厳しかったフルーツ以外は完食(個人的にあまりないのです)。

アリタリア航空
食器が薄くて可愛いデザインだな~と、じっくり見ていたらジノリでした。

アリタリア航空
帰路はランチがコースで出ましたが、味は「まあまあ」といったところでした;;
機内食は量が少ないのでコースも美味しく食べられますね。
現地では前菜を食べるのがやっと……な量がやってくるので。品数がこなせませんから::

しかしワインは赤白どちらもすごく美味しくてビックリしました~。


アリタリア航空

アリタリア航空
ほぼ寝ていたので機能などはほとんど使いませんでしたが、全体的にエティハドに比べると……です;;
スリッパや毛布の素材、シート素材、マッサージやライトの設定の多さ、収納の使いやすさなど、細かいところで差が付いてしまう感じ?

アリタリア航空
詳しくないので適当な感想で済みません……。
もちろんフルフラットにはなるので、寝るだけだから問題は無かったのです。


気になったのは、往路搭乗中に使ったトイレ(ビジネス乗客しか使わない前方のもの)のどちらも、シンク下あるいはゴミ箱?のドアが壊れて開きっぱなしになってました。
修理代も出せないのかしら……と、ちょっともの悲しい気持ちになりました;;


一方で!
さすがイタリアー!と感動してしまったものが、アメニティがフェラガモだったことと、CAさんの制服がすごくオシャレだったこと。

アリタリア航空
ポーチは普段使い出来そうな上品デザイン。ブランドだからと言うわけではなく、長さがちゃんとあることに個人的に感動。
長めのブラシなどコスメ用品が入る機内用ポーチがなかなか無くて探していたのですが、これなら大丈夫です。
お持ち帰り決定です!
中身は他のエアラインと変わらなそうでしたが、一応全部フェラガモコラボのものでしたよ。

アリタリア航空
それから赤いパンツスーツをびしっと着こなしているCAさんには見とれてしまいました。
スカートの方もいましたが、これも真っ赤なスーツにグリーンのタイツがよく映えていて!
日本人には着こなせない組み合わせですよ……
年齢で言うと40-50代の方ばかりなのですがとにかく格好良いのです……!
モデルさんだったんじゃないだろうか??と思ってしまうくらい。

アリタリア航空
いろいろ問題はある状況なのでしょうが、デザイン大国のプライドを感じました。
頑張れアリタリア♪


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村