アンコール・ワット旅行記 ガイドさん

今日からいよいよ遺跡巡り!

やはり最初は、有名なアンコールワットとアンコールトムに行きたい!とガイドさんに
お願いしました。


kanayの海外たび・旅・タビ-バイヨン

↑アンコール・トムの中の遺跡の一つ、有名なバイヨン寺院。


ガイドさんを頼むかどうかも、結構悩みどころですよね。

kanayが旅を終えての感想は、
その場その場で、ガイドブックをじっくり読み込みながら回るのであれば、
それがかなりガイドさん代わりになるのでは、です。


「かなり」というのは、ガイドブックに載っていないネタも
ガイドさんは知っていて、それも教えてもらえたから。



ただし・・・


何度も何度も言ってしまいますがほんとうに暑いので・・・
kanayは現地でそんな気分にはなれませんでしたね・・・
どうしてもコストを抑えたい、根性のある人にお勧めします。

kanayが旅行前に調べたところ、ガイドさんは英語でならだいたい25$くらいから
予約可能なようでした。

行く前にクチコミで、「遺跡の入り口で交渉することも可能」てのを
見かけましたが、kanayは入り口でお客を捕まえてるガイドさんは見ませんでしたねー。


ガイドをするには資格が必要なので、ワッペンのついたクリーム色の制服を着てて、
一目で分かるようになっているのですが、その服来た人は、
みなお客さんを連れて乗り物から出てきてましたし・・・

日本語ガイドさんはもうちょっと高くなると思います。


kanayが頼んだのはスケッチトラベル という日本人経営の現地旅行会社でしたが、
そこでは8時間で40$でした。
(英語で手配OKの会社と比べると、ここは値段で言えば全体的に
高めに思いました。でも、日本語とガイドのクオリティを重視するなら
良い会社だと思います。)

ちなみに、ツアーを頼まない場合でも、この会社のオフィスに置いてある
無料のクロマーマガジンという冊子はとても役に立ちましたので、
オールドマーケットに行かれた時には貰っておくといいと思います。
現地からの情報なので、某歩き方よりもよほど情報が正確でしたよ。



それから・・・


旅行期間が短いと難しいかもしれませんが、
最初のほうで、複数のガイドさんに半日だけ当たってみるようにすると、
クオリティの差というのが良く分かると思いました。(そしていいと思った人に頼める)


上記の日本語ガイドさんも、誠実でしたし日本語は流暢で、
とても快適に遺跡を回れたのです。
が、数日後にベンメリアという遺跡に行った時に、
別の英語ガイドさんに引率されていくことになったのですが、
その知識にはずっと圧倒されっぱなし、話に引き込まれっぱなしで、レベルの差を実感しました。
こればかりは比べてみないと分からないもの(+運)ですけどね・・・




にほんブログ村 旅行ブログ カンボジア旅行へ
にほんブログ村