イタリア(フィレンツェ、ローマ、ボローニャ)

イタリア旅行記(35)豪華さにため息しか出ません!ピッティ宮殿

0
ピッティ宮殿
ピッティ宮殿も、ドゥオモとはアルノ川を挟んで対岸にあるのでちょっと交通の便が悪く、ツアーではスキップされてしまうことも多い場所ではないでしょうか。
周辺にはいくつか有名レストランがあるようですが、同じく対岸にあるミケランジェロ広場から徒歩で行くのも厳しい場所ですし。

でもここは、スゴイです!

先日、アップしたメディチ家礼拝堂の記事でも触れましたが、きらびやかさで言うとフィレンツェで1,2を争うと個人的には思います!
宮殿の中が「パラティーナ博物館」+αになっているのですが、
メディチ家の豊かさをこれでもか~と見せつけられて圧倒されます……。
また、世界的に有名な名画もありますので、それを見られるという点も◎。

イタリア旅行記(30)フィレンツェ一豪華だったかも!メディチ家礼拝堂
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-519.html

ピッティ宮殿
何しろ、とんでもなく広いんです……。
ぼんやり見て回っても2時間なんてすぐ経過してしまうレベル。
当然、足への負荷が大変なことになります;;
大規模な美術館でしたら、部屋や廊下にベンチが置いてあることが多いのですが、ここはほとんど無かったので、美術に関心があり大興奮で回ったkanayでもちょっときつかったです;;

こんなに広い建物に住んでいたメディチ一族……。
集合をかけるのも一苦労だったのでは?

kanayはサン・ニッコロ門前からバスで向かいましたが、ポンテヴェッキオ橋からなら、15分ほど石畳の坂を上がっても到着できますよ。



ピッティ宮殿

ピッティ宮殿
宮殿前には、ドストエフスキーが滞在したと言う建物もありました。
建物にそれを記したプレートが掲げられています♪

ピッティ宮殿
宮殿前広場から。
メディチ家は、民衆の不満を抑えるために、建物の外観は質素にしたとありますが……。
門構えがこれですからね……。
kanayでも「これはそうとうお金持ちの家に違いない!」って分かりますよ;;
当時もバレバレだったのでは。

ピッティ宮殿
チケットは正面入り口向かって右隅にあります。
チケットは入場区画によって値段が違いますが、

パラティーナ博物館 チケット購入サイト
http://www.b-ticket.com/b-ticket/uffizi/info_venue_palatina.aspx

・パラティーナ博物館のみ入場 8.5ユーロ
・パラティーナ博物館+ボーボリ庭園 13ユーロ

kanayの時は何やら特別展があったらしく、庭はパスしたけれど13ユーロ取られました;;

予約はしていませんでしたが、平日午前中でしたら5分ほど待ってチケットが買えましたよ。
チケットを購入したら正面入り口まで戻って入場です。

ピッティ宮殿
入り口から、大変な大きさのシャンデリアが迫ってきます!
この美術館には1000点以上の作品があるそうですが、作品については後の記事で触れるとして、今回はその豪華すぎるインテリアをご紹介します♪

ピッティ宮殿
「白の間(Sala Bianca)」。
昔は近隣の部屋も含めて貴賓室として使われていたようです。
ここだけで舞踏会が開ける大きさ……!

ピッティ宮殿

ピッティ宮殿
全ての廊下、部屋には壁画やレリーフがてんこもりです。
順路は大変長いのですが、後半はメディチ家の居室エリアになり、多少生活感が(館内比)出てきて興味深いです。

ピッティ宮殿
赤い部屋、緑の部屋、金色の部屋。

ピッティ宮殿

ピッティ宮殿
日本ではあり得ない配色の部屋たちですね~。


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


 

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply