タイ(サムイ島、バンコク、チェンマイ)

バンコク旅行記2017 (8)有名な釣堀ブンサムラン(Bungsamran)へ!ライセンス料が倍にアップ……

0
bungsamran
実はブンサムランへは滞在2日目に行きました。
先に記事にしたのは、行ってみたらネット上の情報と違っているところがあり、早めに発信しておいたほうが良いのかな?と思ったためです。
何しろ郊外にあるので、交通費や時間を考えると現地でキャンセルがしづらいです;;

もちろん、内容はとても楽しかったので良い施設だとは思います!
参考にして下さい~。

bungsamran

2日目は、ねこ氏からリクエストのあったバンコク郊外の釣り堀「ブンサムラン Bungsamran」へ行ってきました!
バンコク中心部から車で1時間のところにあるので、気軽にお出かけできます♪

bungsamran

そもそもバンコクで釣り、と言う発想がこれまでkanayにはありませんでした。
多分ですが、旅行好きでこのブログを読んでいるほとんどの方についても同じではないかと想像します;;
バンコク郊外にある施設ですし、そこまで車を飛ばさなくても、バンコク市内には楽しいスポットがいっぱいありますし。

でも釣りが趣味な人にとってはとても有名なスポットのようですね。
検索すると訪問レポートがたくさん出てきて驚きました!

数回訪問してそれなりに知っていた気になっていたバンコク。
kanayは少し思い上がっていたようですよ~。

自分が日頃関心が無いために知らずにいることに気がつけるのも、2人旅の醍醐味ですね♪

bungsamran

行ってみたら……。
釣りを全くしないkanayでも楽しく過ごせる施設になっていて、なるほどね!と感心しきりでした。
バンガローを借りれば、赤ちゃん連れでも全く問題ないと思います。

bungsamran

ただ残念ながら、利用料は非常に高かったです。(クリックで拡大)
これなら日本でも同等の施設が利用できるのでは?レベルに;;
2017年9月現在、料金は大幅にアップしていました。


またブンサムランの位置ですが、2017年頭に移転したようです。
ネット上の情報は移転前の住所を載せているところも多いので、気をつけてくださいね。

新しい移転先はこちら。


バンコク市内から向かうと、50kmほどの場所にあります。
空港から直接向かうと、多少時間&移動費をセーブできるかと思います。


kanayたちはホテルからタクシーを呼んで貰って、メーターで走って貰いました。
途中、工事による渋滞に捕まりましたが、高速を使って1時間ほどで到着しました。
かかった費用総額は

・メーター料金(トンローから)630バーツ
・高速料金 40バーツ
・片道利用による追加チップ 100バーツ


です。
チップは運転手さんとの交渉次第では無しでもいけるかもしれませんね。
事前にそう言われていたことと、あまり人のいない場所だし、とkanayたちは納得して払いました。

メーターで走って貰ったとはいえ、ネット上の情報よりかなり高いので最初はびっくりしました。
これは帰路で検証せねば!と思ったのですが、帰りはちょっとイレギュラーな方法になってしまい……。

ガイドさんが、ここは田舎過ぎてメータータクシーを呼べないので、自分の来るまでタクシーが呼べるところまで連れて行ってあげる、と。
市内とブンサムランの間にあるメイブリーあたりまで乗せて貰い、そこからメータータクシーでホテルまで戻ってきたのです。
ちなみにメイブリーあたりからトンローまでは147バーツでしたよ。

そもそもブンサムランまでタクシーは本当に呼べないのか、ってところは深く質問しなかったので、わかりません……


でも、ブンサムランでついてくれたガイドさんによると、空港からメータータクシーで400バーツ前後ということだったので、現時点ではこんなものなのかも知れません。

市内からだと、空港まで(安く来れる)電車で来てそこから送迎を頼む日本人も多いそうです。
その場合、ブンサムランのプライベートカーで送迎をお願いすると片道800バーツとのことでした。

参考にしてください♪
次は釣り体験について書いてみます!


(2017年9月現在)

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村



 

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply