イタリア(フィレンツェ、ローマ、ボローニャ)

イタリア旅行記(41) 高速鉄道トレニタリアのチケット予約(前)

0
トレニタリア

さて、前回までの記事でフィレンツェ編はおしまいです~。
この後、午後に「イタロ」に乗ってローマへ戻りました。

少し早めにサンタ・マリア・ノヴェッラ駅へ着き、チケットの座席番号を見ながら乗り込んだら、どうやら一本前の列車だったらしく、先に乗っていたイタリア人にイタリア語で諭されたりしましたが;;
(もちろん何を言っているのかは分かりませんが、チケットの時刻欄を指さしてシートからどこうとしないので、何となく分かりました……)

ITALO

プラットフォームに降りて時間を確かめたら、一本早かったことが分かりました。ごめんなさい。
「イタロ」の乗り方については往路の記事で説明しましたので割愛しますね。無事にテルミニ駅に戻ってこられました~。

イタリア旅行記(5)高速鉄道「ITALO(イタロ)」のチケットを予約
http://travelkanay.blog.fc2.com/blog-entry-494.html


で、ちょうど記事がローマへの移動のタイミングなので忘れないうちに、国営鉄道トレニタリアの予約方法を書いてしまおうと思います♪

と言うのは……
このお正月、セールに乗じてローマへの航空券をまたまた買ってしまったのでした;;
自分でもビックリw
春が来る頃、また旅立つ予定です♪

ヴェッキオ宮殿

それだけkanayにとってイタリアは魅力的な街だったのですよね。(まだ記事を書けていなくて済みません……)
今回は一週間弱と短めの滞在ですが、ローマの様子には少し慣れたので、他の街にも日帰りしてみようと思い立って、トレニタリアを予約したところです。

トレニタリア TRENITALIA 公式サイト
http://www.trenitalia.com/tcom-en

↑の記事にもありますが、トレニタリアは国営鉄道です。
民営のイタロもずいぶん追いついたと思いますが、やはりマイナーな駅までしっかり停車してくれるのは前からあるトレニタリアになるかと。

今回も実は最初は勝手が分かっているイタロで予約しようかな~と思っていたのですが、残念ながら希望の時間の格安チケットが埋まってしまっていました。
そう、イタリアの鉄道チケット予約は4ヶ月も前から始まるのです。
今回は出発まで余裕で3ヶ月以上あったのに……。格安チケット争奪戦はかなり激しいようです;;

イタロの記事でも、「格安チケットがなくなっちゃってた~」と書いてありますね;;
去年は空港からの接続を考えなくてはいけなかったのでイタロでそのまま予約しましたが……。
今回はテルミニ駅往復なので、トレニタリアのホームページもチェックしてみたら、まだ格安の残席がありました!

トレニタリア

呼び方は違いますが、トレニタリアもシートは4クラスあるようです。

The new Frecciarossa 1000 (最新モデル) 詳細
http://www.trenitalia.com/tcom-en/Frecce/Frecciarossa-1000

・「Standard」 2-2配列
・「Premium」 2-2配列、リクライニングつき高級革張りの座席、ウェルカムドリンク&軽食
・「Business」 1-2配列、ピッチが大きいリクライニングつき座席、ウェルカムドリンク&軽食。携帯通話禁止のサイレンス車両もあり。
・「Exective」 1-1配列、 さらにゆったりした革張りの座席、駅ラウンジ利用可

クラスが上がるごとに座席あたりの面積がどんどん大きくなっていくイメージでしょうか。
軽食はプレミアム以上だと全部ついてくるので、あまり差別化にはなっていない気もします。
軽食のグレードが違うのかなぁ?

今回は往路・復路で「Standard」、「Business」を予約してみたので、乗り心地については後で記事にしますね。

一人旅のkanayは並び席が嫌だったので片道は1列配置のある「Business」を予約しましたが、
ローマから他の都市への移動はだいたい数時間なので、二人での旅行なら「Standard」で全然問題ない気がします;;
座席も日本の新幹線を想像していれば良いレベルみたいですし。
アジアの鉄道みたいにシートが硬い木製だったりして腰を痛めることもないですし……w

トレニタリア

また、片道を「Standard」で予約したのは、なぜか一人席がぽつんと車両の最後尾に設けられていたからです。
正月のヒマを活用して他の時間帯のシートもいろいろ調べてみたのですが、どうやら利用車両には幾つか種類があるらしく、「Standard」での一人席は前後の時間帯での他便では見つけられませんでした。
見つけられたら、もちろん両方「Standard」で予約するつもりでしたよ。
一人旅の方、ぜひ出発時間をずらしていろいろ探してみて下さいませ。


次回は具体的な予約の方法について書きますね。

にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply