イタリア(フィレンツェ、ローマ、ボローニャ)

イタリア旅行記(59)街のど真ん中!有名!無料!なので「パンテオン」は大混雑

0
パンテオン

「パンテオン」もkanayが再訪問を余儀なくされてしまった観光スポット……

パンテオン
平日午後、近づいていくと、何やら怪しい気配(人が多すぎる)……
正面に回ってみたら、入場待ちの列が入り口前の広場を埋め尽くしていました;;

パンテオン

しかも、人が多すぎるので入場制限もあって。
入り口で警察?が観光客を止めてる~!

とてもではないですが、いつ入れるかも分からないのでkanayはそのまま引き返しました;;

しかし、こんなに混んでしまうのも分かるのです。
パンテオンはここ。



パンテオン

ナヴォーナ広場、トレビの泉からは徒歩圏で、頑張ればテルミニ駅からも歩けそうな場所にあります。
しかも入場は無料♪
天井に開いた穴がとても神秘的で、中にはラファエロのお墓もあります。

少し、ローマの街を歩き回ればとても行きやすい場所にあるのが分かります。
kanayは翌朝出直しました。

パンテオン

午前10時前に撮ったパンテオン前の広場です♪

パンテオン

昨日の人ごみが嘘のようですね……
入り口も空いています♪早速入場してみましょう。

パンテオン

パンテオンは神殿として紀元前25年に建てられてから、一度焼けて100年代に再建された後はその姿を保っているそうです。
再建したのは建築で有名なハドリアヌス帝でした。

パンテオン

建物はお堂のように、円形の一部屋しかありません。

パンテオン

天井の穴は「オクルス」と呼ばれていて、直径が9メートルもあるそうです。
天気が良かったせいか、明かりはないのに中はとても明るかったです♪

パンテオン

教会として長い間使われてきたこともあって、きちんとした祭壇も設けられています。
今も使われているようです。
ベンチもきちんと並んでいました。

パンテオン

でもローマ神殿を思わせる入り口や、内部の円柱やドームがあるせいで、よくある教会の荘厳さと言うよりは遺跡感が強いスポットです。
(だからこその人気なのかも)

パンテオン

パンテオン

ラファエロのお墓。
遺言でここに葬られたそうですが、当時は非常に有名な画家だったとは言え、なんとも豪華な墓所ですね!


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply