イタリア(フィレンツェ、ローマ、ボローニャ)

イタリア旅行記(63)映画セットのように美しい☆図書館「Biblioteca Angelica」

0
Biblioteca Angelica

ナヴォーナ広場の北東に、小さな図書館があります。
厳密には観光スポットではなく、現役で稼働している図書館です。
でも、あまりに雰囲気が良いので観光客もたくさん訪れているようで……





「Biblioteca Angelica」の観光客は、利用者の邪魔にならない入り口までしか入れません。
蔵書を手に取ったり、座って読んだりすることも出来ません。
でも、入場料は無料です。(当然?)

本当に「見るだけ」なので、見学は5-10分もあれば十分だと思います。
時間がかからないので、ナヴォーナ地区に立ち寄ったら、寄ってみることをオススメします!

Biblioteca Angelica

kanayもお邪魔してきました♪
メジャーな観光スポットではないので、平日午後に訪問しましたが、数人の観光客とすれ違っただけでした。


Biblioteca Angelica 公式サイト
http://www.bibliotecaangelica.beniculturali.it/index.php?en/1/home


16世紀にバチカンの司教であったアンジェロ・ロッカ氏がコレクションした蔵書が収められているそうです。
彼の蔵書は2万冊にものぼったそうで、今ではイタリア政府がこの図書館を管理しています。

Biblioteca Angelica

建物前にイタリア国旗が掲げられていたし、観光スポット的な華やかさもないので、
お役所な建物なのかな?と最初はちょっと入るのをためらってしまいました;;
ドアの上に「Biblioteca Angelica」と書いてあるのを確認して、階段を上がります。

Biblioteca Angelica

ゆったりしたらせん階段を上がったところに、やっと観光スポットらしい?説明用のバナーを見つけて一安心♪

Biblioteca Angelica

雰囲気のある廊下。
写っていませんが、パソコンモニターがあるところにスタッフがいて、

・私語厳禁
・観光客は図書館内のロープの先に行ってはいけない
・フラッシュ禁止
・蔵書に触れること禁止

を説明されました。


どきどきしつつ中へ入ってみると……。

Biblioteca Angelica

地元の人たちは、普通に読書室として使えるようです♪
羨ましい~~。
私語をしている人はいません。
静かに見学しましょう~。

Biblioteca Angelica

本当にステキな図書館です!
まるで映画の撮影セットみたい♪

Biblioteca Angelica

大胆にも壁の全面が本棚になっていました。
海外の図書館にはお洒落なところがたくさんありますが、古いものはだいたいこんなデザインですよね~。

Biblioteca Angelica

壁の四隅も、きちんと本棚として使えるように造られていて感心!

Biblioteca Angelica

よく見るとテラス状になった2階、3階部分があるのですが、階段が見当たらず;;
ハシゴ!?あの細いハシゴで上がるのかしら!?

Biblioteca Angelica

蔵書はどれも貴重なものなのでしょうが、ボロボロ……w
言われなくても、怖くて触れません!
でも俯瞰で見ると、「古き良き」図書館の雰囲気をよく出してくれています……

あ!
図書館て「本の匂い」がしますよね?
ここの図書館は、もう本の匂いというより、アンティークな匂い(香り?)がしましたよ。
(悪い意味ではありません)

これくらい古くなると匂いも変わってくるのかも?

Biblioteca Angelica

この図書館を創立したロッカ氏の彫像もおいてありました。


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply