イタリア(フィレンツェ、ローマ、ボローニャ)

イタリア旅行記(65)トラステヴェレ散策♪「サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂」

0
サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

今回、トラステヴェレには半日ほどしか訪問できませんでした;;
その中で訪れた観光スポットはこの「サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂」だけだったのですが、さすが、ローマの有名教会の一つ♪
インテリアは非常に綺麗で見応えがありました!
入場料は無料です。

また、カラカラ浴場の柱がこの教会に使われたということでそれを見たかったのもあります……。





トラステヴェレはテルミニ駅からは離れている(テベレ川を越える)ので、ちょっと行くのに時間はかかってしまいます……。
あと、地下鉄も通ってないので、実質バスかタクシーでしか行くことができません。
kanayもバスで訪問しました!


でも、下町と言うことで評判の良いレストランやジェラート屋さんがたくさんあるそうです。

kanayも今回はほとんどまわれませんでしたが、下町とは言いながら、印象は「ちょっとお洒落で静かな住宅街」な感じでしたよ~。
車の量も、観光客の数もテベレ川向こうに比べて少ないので、落ち着いて歩けます♪
グルメ面ではとっても充実しているみたいなので、今度は時間をかけて散策したいな~と思っています♪


さて、「サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂」はなんと西暦200年ごろには存在していたという、とんでもなく古い教会です……

ローマにある他の有名教会を調べてみると、


・サンタ マリア マッジョーレ大聖堂(431年)
・サンタ マリア デル ポポロ教会(1477年)
・サンタ マリア イン コスメディン教会(6世紀)
・サンタ マリア ソプラ ミネルヴァ教会(1370年)
・サンタ マリア デッラ ヴィットリア教会(1620年)


この教会が最古ですね!

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

ローマの教会前広場は、カフェやレストランで賑やかなことも多いのですが、この教会の前はわりと落ち着いていました。

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

外見は、かなり古くて素朴な教会です。
入り口の壁には、文字入りのプレートがびっしり……。
何でしょう?
日本のお寺にもある、寄進した人たちの名前でしょうか。

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

教会に入ると、「あれ?」と思いませんか?
他の教会とちょっと雰囲気が違います。

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

……どう見ても、石でできた列柱の存在感がありすぎですよねw
「これがカラカラ浴場から持ってきた柱かぁ~」ってkanayは別の意味で感動していましたw

カラカラ浴場

こちらが、カラカラ浴場に放置された柱(の一部)。
確かに、同じ柱っぽいですね~。

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

天井も、フレスコでも無く、四角い格子天井でも無く……
面白い形だなぁ、と思って撮りました。
天井は16世紀のものなんですね。

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

金箔が貼られていてとっても豪華です!

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

円柱の両側は、近代的な造りです。
修理を繰り返しながらきたということで、パーツによって制作年代が全然違うそうです。

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

教会の一番奥(主祭壇)の右側に「FONS OLEI」(油の泉)という文字が見えます。
これは紀元前(キリストが生まれる前)にここから油が吹き出してキリストの誕生の予兆となった、と言う伝説があり、その場所を示しているのだそうです!

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂

7世紀の作品と言われる「慈悲の聖母」もあります。


にほんブログ村 旅行ブログ イタリア旅行へ
にほんブログ村


0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply